気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS Watson、日本語対応へ

<<   作成日時 : 2015/02/12 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球もキャンプインして、はや1週間たち、各チームの有力選手の話題が、新聞やテレビで報じられることがふえてきた。日本ハムの大谷が、投げてはコントロールに難があるものの、150キロを越えるスピードを常時だして、話題をさらったり、藤浪、安楽など若手投手の出だしのよさが報じられている。
ジャイアンツは、阿部がファーストにコンバートされ、その穴埋めが小林で可能なのか、成長するまでは相川などベテランがカバー仕切れるのか、その辺がポイントかな。あとは、抑えか。西村が先発に変更になり、逆に澤村が抑えになるのか、マシソンか。
中継ぎ陣は、山口が健在だし、駒がそろっているし、先発陣も菅野、内海、杉内、大竹とこれまた駒がそろっていて、中盤までは試合をつくってくれるから、やっぱり、抑えが重要かな。その辺が、ジャイアンツが優勝できるのかのポイントかな。頑張れ、ジャイアンツ!
さてさて、あのIBMが開発した人工知能”Watson”が日本語対応するそうだ。すでに、人間とクイズ対決で人間をうちまかせて、優勝を飾るなど、なかなかすごいコンピュータだ。
多くの情報を入力し、質問に対して、その答えを自分で導き出す。当然、質問が登録されているわけでもなく、質問を分析し、最適な解をだすのだから、すごいことだと思う。
このままいけば、人のやっていた仕事が、このWatsonに持っていかれてしまう可能性がある。コールセンターなど、すぐに人から、Watsonにおきかわってしまうかもしれない。怖い時代が来たものだ。
コンピュータが、プロ棋士を破ったことで、かなりショックをうけたが、このWatsonは、そんなものじゃない。
自分で考えで、未知のものを考えながら回答するのだから、自分で自分を賢くしていくだけにダンダンすえ恐ろしくなる。そのうち、自分で自分自身の設計をはじめ、世界最速のコンピュータを作り出すことが可能になるかもしれない。スーパーコンピュータの設計を自分でやっていくとなると・・・。うーん、ターミネータの世界に近づいてきた。
もしかすると、コンピュータと人間の戦いがおきて、なんてことになるかな。そしたら、未来から、このWatsonを開発したSEを・・・、あ〜あ、怖い。SFの世界が、実際におこる時代がきたのかもしれない。
やっぱりある程度、何かの境は必要かもしれない。ここからは、コンピュータでやってはいけないなんて感じで。役所の仕事だって、近い将来、Watsonの知能をもった、ソフトバンクのPepperが窓口にずらっと並んで、窓口業務をこなしたら、待ち時間なんてゼロになるかもしれない。
この説もゼロじゃないか。何と言っても、Watsonはソフトバンクテレコムの国内データセンターで運用するらしいから、やっぱり、Pepperに搭載される日も近いかもしれない。
でもねー、やっぱり、知能で負けてくないけどね。単純な計算で勝つのは難しいとは思うけど、知能合戦で負けたくない。もうそろそろ、コンピュータ将棋とプロ棋士の戦いが始まる。今度こそ、プロ棋士には、絶対に勝って欲しい。難しいかな・・・。

※Watsonが、Pepperに・・・、うーん、ありそうな気もするが。

Pepper スタートブック
SBクリエイティブ
竹田 真

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pepper スタートブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






Smart Machines: IBM's Watson and the Era of Cognitive Computing (Columbia Business School Publishing)
Columbia University Press
John E. Kelly III

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Smart Machines: IBM's Watson and the Era of Cognitive Computing (Columbia Business School Publishing) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

プロフェッショナルASP.NET〈下〉応用編 (Programmer to programmer)
インプレス
リチャード アンダーソン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロフェッショナルASP.NET〈下〉応用編 (Programmer to programmer) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Watson、日本語対応へ 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる