気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ”南(なん)”とは、なんや?

<<   作成日時 : 2015/02/09 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、朝早くおきて、掃除のために会社にいったが、あまりにも寒くて、こりゃ、掃除どころじゃないと、掃除を断念した。とにかく寒い。決して、寒さに弱いわけじゃないと思うが、今日は、無茶苦茶寒い。
掃除をサボったのはいつ以来だ?でも、本当に無理だった。寒すぎる。
この天気、いつまで続くんだろう。早く、春にならないかな〜。”は〜るよ、こい。は〜やく、こい”なんて、歌があったが、本当に早くきて欲しいよ。あ〜あ、寒い〜。
こんな寒い日の昼の食事は、そばに限る。ということで、そば屋にいったが、そば屋にいってもうどんを食べてしまう。カレーうどんにしようかと思ったが、思い起こせば、カレーうどんは、昨日、家で食べたばかりなので、ここは、きつねうどんにしてみた。きつねうどんがでてくるまで、ボーっとメニューを見ていたら、かも南、カレー南、親子南、と、”南”ってつくのがたくさんある。
ところで、”南”って、なに?南蛮からきた料理だから、”南”がつくと、私の同僚がいうので、そうかな?と不思議に思ったものの、大昔、そばとか、うどんは、日本になくて、日本は米が主流だった。その日本に南蛮からきた、うどん、そばに”南”がついた、というので、ついつい信じた。
ところが、実は違うらしく、”ねぎ”だったかがはいると、”南”がつくらしい。
なるほど、なるほど。カレー南は、たしかに、長ネギが薬味じゃなくて、はいっている。かも南もたしかそうだと思う。
確かに、この説はあっているか。
じゃ、親子南ってなに?そもそも、親子丼は知っているが、親子南なんて聞いたことがない。
まさか、鶏肉をたまごでとじて、そこにねぎがつくと、親子南っていうのかもしれない。
しかし、あのそば屋は、ちょっと謎だと思う。
まったく店員に愛想がない上、注文をサッサといえとおどす。それも、お冷を持ってきて注文を聞くのではなく、何かかいがいしく働いている途中で、家という。絶対に忘れないから、大丈夫って言っている割には、最近、よく忘れる。
店員さんのメモリも随分とさびてきた気がする。
そんなそば屋のなぞは、まだまだ、続く。メニューにないものもできるし。ただ、あの店員の横柄さには、ちょっとまいるときがある。でも、客がくるから、本当に不思議だ。私の町の七不思議のひとつかもしれない。

※さすが、東野圭吾と思わせるぐらい面白いです。ぜひぜひ。

マスカレード・ホテル (集英社文庫)
集英社
2014-07-18
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マスカレード・ホテル (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”南(なん)”とは、なんや? 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる