気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ついにタイに

<<   作成日時 : 2015/04/05 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、電王戦の第四戦で村山七段とponanzaが戦い、村山七段が、ponanzaに負けてしまった。
先週の稲葉七段に続いて、プロ棋士が2連敗となってしまった。
まさか、稲葉、村山とこの二人が立て続けに負けると思っていなかっただけに、ショックだ。
1,2戦は、斎藤五段、永瀬六段がうまく指して、やっぱり、プロ棋士はすごい、今回こそ、実力の違い、まだまだ、コンピュータごときに人は負けないというところを見せ付けてほしかったが、やっぱり、厳しかった。
コンピュータの対応など、若手棋士の方が柔軟に対応するだろうと思っていたので、今回は、絶対にプロ棋士が勝つと思ったのに、昨日の対局をみると、やっぱり、ponanzaは強い。
プロ棋士が弱いのではなく、コンピュータソフトの実力は相当高い気がする。
それでも、プロ棋士の方が絶対に強いと思ったが、無理だったか。
結局、これまでにない戦い方を挑んでも、どんな奇抜な手をさしても、コンピュータソフトには無意味な気がする。
昔のように、過去のデータに基づいて指す場合だと、これまでにない手を指すとアタフタするような気がしたが、いまは、局面を全体でみて、局面を判断し、最適な解を探すので、意表をつくような手では勝てない。
2連勝して、3局目の稲葉七段のプレッシャーは大きかったと思う。
こりゃ、負けれないという場面だったので、かなりのプレッシャーだったから、稲葉七段の実力が十分発揮できたかわからない。
プロ棋士が負けて、少し、プロ棋士側も楽になり、昨日の村山七段が勝って、プロ棋士が、初めて勝ち越すところだったのに、2勝2敗のタイになると、ちょっと、プロ棋士は不利かな。
次は阿久津八段なので、簡単に負けると思えないが、プロ棋士として勝たなくちゃというプレッシャーがかかり、それが原因となって、悪手を指してしまう可能性もある。
ここは、ぜひとも、プロ棋士に勝ってもらって、まだまだ、コンピュータごときには負けないぞというところを見せて欲しい。
ちょっとプロ棋士にとって、厳しい状況かもしれないが、プロ棋士が真剣にコンピュータと向き合うって、将棋界にとってもよいことだと思う。新手だって、でてくるだろうし、これまでの定跡外の戦いもうまれる。
これまでと同様の勝負はしないようだが、やっぱり続けて欲しいな〜。
まあ、どちらにしても、来週は、絶対に阿久津八段に頑張ってもらって、有終の美を飾って欲しい。頑張れ、阿久津八段!

※しかし、つよいね〜、コンピュータソフト。

BONANZA THE FINAL 優勝記念版
マグノリア
2013-08-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BONANZA THE FINAL 優勝記念版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついにタイに 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる