気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 野村、引退

<<   作成日時 : 2015/08/29 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、仕事の都合で休日出勤だ。体調不良でしっかりと週末は休暇をとりたいのに、これじゃ、なかなか体調が戻らない。
病院にいって薬がほしかったのに、これじゃ、せっかくやっとセキが治まってきたのに、ぶり返してしまう。ふー、こまったもんだ。
さて、ジャイアンツも、ここにきて、やっと調子がでてきた。
大竹が久しぶりに好投をみせて、今季2勝目。うーん、遅すぎるが、まあまあ、仕方ないところか。
不調の選手が戻ってくれば、ジャイアンツも首位を狙うことができるかもしれない。
ただ、やっぱり打線がねー。中日と同じたった3安打で、3対0で勝ったのだから、奇跡的な出来事かもしれない。
それだけに、大竹の好投が光ったかな。まあ、何にしてもよかった。あとは、明日の日曜日に勝って欲しいところだ。
日曜日に負けると、その週の仕事がブルーになる。頑張れ、ジャイアンツ!
さてさて、柔道の野村選手が、ついに引退をした。
オリンピックで3連覇で、数々の記録を残し、切れのよい1本勝ちの柔道を真髄としていたが、野村も気づけば40歳。最後の大会でも1本勝ちをおさめ、最後は、逆に1本負けをしてしまったが、野村ぐらい技の切れのよい選手はなかなかいない。
軽量級で、どちらかといえば、同世代のヤワラちゃんこと谷選手の方が目立っていたが、野村のオリンピック3連覇は、日本人選手としては、快挙だと思う。
期待通りに勝つことって非常に難しいことだと思うが、それを実現したところに野村選手の偉大さがある。
日本人選手は、なかなか、期待通りに結果をだせない選手がけっこういたりする。
この大会は金メダルだろうと思っても、早々と負けたりするケースがあるなかで、期待通りの結果をだしたのが、野村だ。
いま、世界柔道が開催されて、男女14階級をおえて、金メダルが6個と、なかなか頑張っている。
日本が優位の柔道がいつの間にか、海外の選手の方が、力をつけて、優位になり、日本選手がなかなか勝てなくなってしまった。
その日本人選手が、海外の選手に追いつかれた柔道界をけん引してきたのが、野村だ。
その野村が引退して、それに続く選手たちが、きちんと結果をだして、野村が安心して、後進に道を譲ることができる時代がきのかもしれない。
いつか、必ず来る道といえ、野村の引退は、少しだけ、悲しいものがある。きれのよい技を繰り出す選手をぜひ育てて、日本柔道をさらに強くしてほしい。ごくろうさま、野村選手!

※切れが本当によい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野村、引退 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる