気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 散々な日・余話

<<   作成日時 : 2015/08/09 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、散々な一日を送ったが、その余話。
病院にいって、処方箋をもらい、薬局でもらう場合、何だか、病院の近くの薬局に通う必要なくて、どこでも、薬をもらうのはよいはずなのに、昨日のように、何だか、そこの薬局にしかおいてないような薬を処方されると、本当に困る。
どこの薬局でもおいてある薬を処方してくれないと、指定の薬局しかおいてないのであれば、いちいち、もらいにいくのが面倒だから、昔のように病院で薬をだしてほしい。
そしたら、絶対に、いくつかの薬局で薬を探す必要がないので。いまの、薬局は、処方箋を渡して、そこのお店にない場合、近隣の薬局に連絡して、探してくれる。
駅の違う薬局にいったら、すべて、同じ対応をしてくれた。3種類だしてもらって、2種類はあるけど、1種類がないと、その1種類の薬を探してくれる。お店をかえて、探すのは大変でしょう、といって、探す努力をしてくれるから、ありがたい。
ただ、それでも見つからない薬だから、本当に困ってしまう。
もっと、どこにでもあるようなような薬を処方してほしい。その1種類は、月曜日にならないと手にはいらない。それが、ないと、セキが治まらない気がする。本当についてない。
それと、採血に失敗した腕は、当然のように右左の両腕にバンソコをはった。
その状態で、いつも買い物を手伝ってあげる親のところにいったら、親が通うデイサービスで、お年寄りが、やっぱり、採血にいったときに、そこの看護師さんも下手で、なかなか、注射ができない。
そしたら、そのお年寄りは、看護師さんに、”痛いわね〜、自分の腕でもっと練習してから、他人にやりなさい。痛くて仕方ない”とクレームをいったそうだ。さすがだ〜。
私も親から、そんな看護師さんがいたら、そう言ってやりなさいと言われたが、うーん、できそうにない。
そもそも、注射をまともにできない看護師さんなんているのだろうか?困ったね〜。
これまで一番痛かったのは、毎年いっている会社の関連施設の病院での採血かな。とにかく、痛い。
針さすまでは、やさしくいってくれるけど、マジで痛いので、針をさされたあとは、”イテテテテ・・・”と小声で叫ぶことにしている。
今回は、針を腕にさして、何度かアプローチして、血がとれないということで、針を抜いた。結局、見ていたら、抜いた注射器はすてるらしい。そりゃ、そうか。
ま、ま、まさか、その注射器も料金に入ってないだろうね。今度、あの病院にいったら、あの看護師さんが、担当になったら、きっぱりと断ろう。断れるかな?やっぱり、無理かな。できれば、自ら練習を積んでほしい。
注射だけは、やっぱり断ろうっと。

※処方箋をもらって薬局でもらうメリットってなんだ?

病院再編・統合ハンドブック 破綻回避と機能拡充の処方箋
日経メディカル開発

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 病院再編・統合ハンドブック 破綻回避と機能拡充の処方箋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
散々な日・余話 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる