気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS チャンピオンシップ、広島先勝

<<   作成日時 : 2015/12/02 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

JリーグのJ1年間王者を決めるチャンピオンシップの第一戦があり、広島がガンバ大阪をやぶり、先勝をあげた。
なかなか白熱した試合だったが、先制したガンバを広島がおいかける展開で、このまま、ホームのガンバが逃げ切りそうだね、と思ってみていた。
特に先制点が、広島の守備のミスから奪った点なので、こういうのが、結構決勝点になっちゃうケースってあるよね、って思って、こりゃ、ガンバがホームの優位性をいかして、先勝かな?
ところがところが、広島がおいつき、またまた、ガンバ大阪が勝ち越し点をうばい、2対1と1点リード。
これで、本当にガンバの勝ちだろうと思っていたら、何と、ロスタイムで同点においつき、さらに、残りわずかで、広島が追加点をうばって、ロスタイムで2点をうばって、広島が逃げ切った。
いや〜、すばらしい〜。点の取り方もよかったし、広島としては、アウェーでの勝利だから、最高の結果だったと思う。
しかし、広島は強い!
戦力強化もなく、選手をきたいあげて、この強いチームをつくった、森脇監督の手腕はすごいと思う。
まさか、ロスタイムで逆転負けするとガンバだって思ってなかっただろうね。
この3点を奪った勝利はでかい。
次戦は、ガンバが何としても勝たなくちゃいけない。
それに、単に勝つだけじゃダメで、得失点差で勝たなければいけないので、2点差をつけて勝つか、もしくは、1点差ならば、4点をとらないとガンバは優勝できない。
得失点差が同じならば、アウェーの得点が多かった方が年間王者となる。
もし、アウェーの得点も同じならば、延長戦が行われ、それでも決着がつかないとPK戦になるそうだ。
何だか、やたら、複雑なルールの気がする。
もっと、シンプルに3試合制にして、2勝したら優勝にすればよいのに。
引き分けはなしにして、最後は、PK戦もつかって、決着をつける。
シンプルにしないとファンは理解できない気もするが。
まあ、どちらにしても次戦もよい戦いがみれそうだ。頑張れ、広島!頑張れ、ガンバ大阪!

※年間王者はどこだ?

Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ)
日本経済新聞出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャンピオンシップ、広島先勝 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる