気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS どうする、シャープ!

<<   作成日時 : 2016/02/04 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、品川でワイン三昧をしてきた。
6時ちょっとすぎから飲んで、2時間ぐらい飲んでいたが、そうとうワインをボトルで飲んだ。このお店は、やたら、ワインが安い。
ただ、種類は、指名したものが安いらしく、それ以外は、高い。
まあ、それでも良いかな〜と、ワインをグイグイと飲んでいたら、5人で6〜7本ぐらい飲んでいたと思う。1人は、あまり飲めないやつだったので、結局、4人ぐらいで飲んだので、1人1.5本ぐらいかな。
時間が早かったこともあり、スカッとして今日を迎えたが、飲みすぎは厳禁だ。いつか、怪我をする。注意しなくちゃ。
さてさて、液晶事業が不振で経営困難なシャープが、鴻海の出資をうけて、再建を目指すというニュースが流れている。
あの日本を代表する企業のシャープが、台湾企業の力を借りるとは、うーん、どうなんだろう。
条件がよいといえども、さすがに、シャープが、鴻海の融資をうけるとおもっていなかった。
液晶といえば、シャープというぐらい有名だったし、亀山モデルはかなり有名だった。
良い製品もすぐに模倣されてしまう、この業界で、模倣されて、作れると判断したら、すぐに中国、台湾など、人件費の安い海外で大量生産されてしまうと、すぐに破たんしてしまう。
亀山工場では、ぜったいに模倣されないように、一気通貫で製品をつくるのではなく、かなり細切れで、ものをつくり、一気に生産という形でいっていたが、結局、そんな工夫をしても、模倣されてしまい、結果として、海外での大量生産を他社に許してしまい、経営が苦しくなってしまった。
特に、亀山モデルを広げたかったのか、新しい工場をつくってしまい、生産が過剰になり、在庫に回ってしまったことも経営悪化を起こした要因の一つかもしれない。
そんなシャープが、鴻海か。うーん、シャープの目の付け所が違って、優秀な技術力で、多くの製品をつくってきたのに、本当に残念。
このシャープの技術が、鴻海にながれたら、本当に日本の優秀な技術力が、だまって海外に流れてしまい、その技術を使って、多くの製品が鴻海からでてくるのかもしれない。
日本の真似できない技術が、いとも簡単にパクられてしまうのは、ちょっと困ったことだと思う。
いまさら、考え直せは、難しいような気もする。しかしねー、本当に残念だ・・・。

※シャープがね・・・。

シャープ「液晶敗戦」の教訓
実務教育出版
中田行彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャープ「液晶敗戦」の教訓 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうする、シャープ! 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる