気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 野口さん、引退

<<   作成日時 : 2016/04/15 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうも、この時期は、身体がかゆくて仕方がない。
夏になると、さらに汗をかいて、それがあせもになり、かゆみがひどくなる。
いまは、あせもじゃないのかもしれないが、身体がかゆい。もしかして、何かのアレルギーの問題なのかもしれない。そういえば、去年の夏に、喘息になったことがある。その時に、花粉症などを含め、アレルギーに関する検査を病院で行ったが、何もでなくかった。でも、やっぱり何かのアレルギーなのかもしれない。
あ〜あ、かゆい。
さてさて、アテネオリンピックで金メダルをとった、野口さんが、引退を発表した。
先日の水泳の北島康介じゃないが、アスリートだけに、必ず、引退の時期がくる。結局、体力的に無理がきたというよりも、若いころ、自分でできたことが、できなくなったというのが、大きな理由なのかもしれない。
体力というよりも、心の問題なのかもしれない。
野口さんも、アテネ五輪のあとのベルリンマラソン、東京国際女子マラソンと連続して、優勝したが、そのあと、なかなか、勝てなくなった。
とくにオリンピック2連覇が期待された、北京オリンピックは怪我で欠場となり、そのあたりから、気持ちと体のバランスがとれなくなってしまったのかもしれない。
Qちゃん以来のマラソン選手としては、かなり期待された選手だったのに、本当に残念でならない。
北京オリンピックのときは、まだ、30歳だったし、老ける年齢じゃない。体力的にピークをすぎた年齢じゃない。
それでも、期待の大きさのプレッシャーと、やっぱり、怪我によって、かなり自分を追い詰めてしまったのかもしれない。
すごい選手だっただけに、残念でならない。
北京オリンピック以降、何とか、気持ちを奮い立だして、次のオリンピックを狙っていたのかもしれないが、リオ五輪を狙った最後の名古屋のマラソンで、惨敗。
この結果が、引退するという決意をつけることができたのかもしれない。
よく思うが、勝っているときに、引退というのが、一番かっこよいと思うが、なかなか、勝っているときに、スパッと現役を退くことは難しい。
必ずくる引退だから、それを決めるのは、やっぱり自分だろうね。これまでの記録は、素晴らしい歴史に残るものだから、きっと、この経験をもってすれば、後継者をきちんと育てることができるだろうな〜。
これからは、指導者として、第二の野口みずきを育てて、マラソンで優勝できる選手を見出して欲しい。
お疲れさま、野口さん。これから、第二の人生で、よい選手を育てて欲しい。マラソンで野口さんのように強い選手を、ぜひ!

※野口さんは、本当に強かった。

アテネオリンピック 日本代表選手 活躍の軌跡 [DVD]
日活
2004-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アテネオリンピック 日本代表選手 活躍の軌跡 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野口さん、引退 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる