気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS どうなる、ロシア

<<   作成日時 : 2016/07/26 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日の日曜日に先週注文したメガネが出来上がったと連絡があったので、とりにいった。
とりあえず、フレームは、いま使っているメガネとほぼ同じで、レンズだけ、はかり直した。
これまでも遠近両用のレンズをつかっていたけど、いまは、遠近両用のレンズも進化をとげて、より手前がくっきりとみえるようになったそうだ。
もうずいぶん前にメガネを買ったので、この進化はすばらしい。
そんなメガネをもらって自宅に帰り、メガネをしてみると、あ〜あ、ダメだ〜。メガネの中央で見る場合には、問題ないのに、少しハスにしてみると、字は読めないし、映像がゆがむ。
このメガネをしていると頭が痛くなる、ってことですぐに電話して、治してとお願いした。
しかし、ここまで焦点の合わないメガネをかけたことがない。
いまは、昔のように何度もメガネのレンズを入れ替えながら、最適なレンズを調べるなんてことなくなくなった。
それなのに、このレンズは、ちょっとひどい。
今回に限っていえば、メガネをなくしたわけでもないし、壊したわけでもない。まあ、メガネができるまで時間がかかってもよいが、まともに見えるメガネが欲しい。次回こそ、ちゃんとしたメガネをもらわねば。
さてさて、ドーピング問題で、ロシアのリオ五輪がピンチになっている。
確かに報道をみるかぎり、国をあげて、ドーピングの実施と、検査の隠蔽をやっていたとWADAから言われ、ロシアは国を挙げてドーピングをやっていると判断して、リオ五輪の参加を認めないって方針をうちだした。
結果的に、最終判断は、IOCの判断になるそうだ。
全員がドーピングをやっていたわけじゃないだろうし、4年間オリンピック出場を目指して頑張ってきた選手にとって、参加できないという通達は、かなり厳しい。
結局、IOCの判断で、団体によっては、参加が認められるそうだ。
陸上だけは、絶対に無理と言われているようで、ドーピング違反が多すぎる。まあ、仕方ないか。
それにしても、薬物に頼らないと、世界トップの実力が発揮できないのは、ちょっと悲しい。超一流の選手があつまっているから、少しでも有利になるためにと、違反を知りつつやっているのかもしれない。大昔、ベンジョンソンが陸上でトラックを走った時に、ダントツだった。本当は一流選手があつまっているから、僅差が正しいのかもしれない。
ただねー、リオにロシアがでないと、やっぱり物足りない。しかし、どうなるんだろうね?

※ドーピング違反、ぜったいにいけない。やっぱり地道な努力が一番成績をあげるコツかもしれない。

スポーツと薬物の社会学: 現状とその歴史的背景
彩流社
アイヴァン ウォディングトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スポーツと薬物の社会学: 現状とその歴史的背景 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうなる、ロシア 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる