気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽生三冠が負けた!

<<   作成日時 : 2016/11/17 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日も書いたが、今日もAI関連で。
大学受験にAIが挑戦したというニュースが先日流れた。結構よい点数をとったらしく、2021年には、東大合格を目標にしているそうだ。
どうやら、囲碁や将棋とは、違う考え方だそうだが、それにしても、人に劣らない感じがしてきた。
進んでもよい分野もあると思うけど、あまりAIなどで、異常に進歩して欲しくない領域もある。どうなることやら。
さてさて、コンピュータ将棋と将棋の現役が戦う将棋電王戦。
羽生三冠が、現役の棋士として、コンピュータ将棋を負かし、やっぱり、現役のプロ棋士には、まだまだ、コンピュータソフトは勝てないというところを示してくれると期待していた。
その電王戦に出場する叡王を決める叡王戦も準決勝で、羽生三冠が、佐藤天彦名人に負けてしまった。
あ〜あ、残念。
羽生三冠だったら、コンピュータソフトを相手にどんな戦いを見せてくれるのか、楽しみにしていたのに、もうあと一歩のところで、見ることができなくなってしまった。来年に期待かな。
ただ、羽生三冠を破ったのは、名人だからね。
まだまだ、若い佐藤名人。羽生三冠が、タイトル戦に出場して、先輩の棋士を破った時と同じで、今度は、羽生三冠が、若手に負けてしまう時代がきてしまった。
佐藤名人の強さは、抜群だ。髪形もちょっと目にかかるような感じで、これまでの棋士と違う風貌だ。
でも、これで強いから、たまったもんじゃない。
準決勝のもう1試合は、あのコンピュータソフトに勝った豊島七段を千田五段が破って、千田五段と佐藤名人の決勝三番勝負となった。
何となく、佐藤名人の勝ちかな?と思ったりするけれど、豊島七段を破った千田五段も強いよね。
これは、よい勝負となりそうだ。
その勝った方が、叡王になり、コンピュータソフトと戦うことになる。名人との一戦もみたいけれど、コンピュータソフトを破るのは、やっぱり、若手棋士なのかもしれない。
どちらかが戦ってもよい勝負が見れるかな。ただ、やっぱり、羽生三冠にもっと頑張って欲しかった。残念だな〜。

※佐藤名人も強いよね。

佐藤天彦に学ぶ勝利へのプロセス ~順位戦全勝記~ (マイナビ将棋BOOKS)
マイナビ
2014-12-23
佐藤 天彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 佐藤天彦に学ぶ勝利へのプロセス ~順位戦全勝記~ (マイナビ将棋BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽生三冠が負けた! 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる