気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 長谷川穂積、引退!

<<   作成日時 : 2016/12/09 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、ボーナス日だ。
人の3倍働いても、何と驚くことにボーナスは、下がる。うーん、どうしてだ・・・。私が下がるのであれば、全員さがっているのだろうか!(この自慢はどこから・・・)
まあ、この歳で、ボーナスをもらえるのだから、下がろうがどうしようが、感謝しなくちゃいけない。
でない会社だってあるから、出て当然って考えは間違っているが、ついつい、そんな気持ちになってしまう。
もう歳だし、あと何回もらえるのだろうか。ボーナス分、給料分は、働かなくちゃいけない。頑張ろうっと。
さてさて、ボクシングの世界チャンピオンである長谷川穂積が引退を宣言した。
せっかく、王者に復活したのに、引退はあまりにも突然でびっくりした。
WBC世界バンタム級を10度防衛して、長谷川穂積を破るボクサーはでないだろうね、と思っていたら、KOで負けてしまった。
努力のボクサーの長谷川が負けるなんてありえない、なんて思っていたのに、KO負けするとは本当にびっくりしてしまった。絶対に、防衛記録をつくるとばかり思っていただけに、実力で負けたのではない、たまたまか、なんて思っていた。そしたら、すぐに、WBC世界フェザー級の王者として復活した。
さすがに減量が厳しくなって、階級変更だと思っていた。これで、また、王者に君臨すると思ったら、防衛戦でまた、KO負け。
そのあとは、復帰にむけて試合を重ねて、3度目の王座にむけて、タイトルマッチに挑戦したら、またまた、また、KO負け。うーん、もう長谷川の時代は終わったかな?と少しだけ思っていた。
その後も引退せずに、復帰戦を繰り返し、ただ、復帰戦もなかなか昔のようなパンチがでなくて、判定勝利が続き、長谷川の時代は、本当に終わってしまった、もう引退した方がよいかもって思っていた。
今年、WBC世界スーパーバンタム級でタイトル戦があり、今度は、逆にKOで勝利。
もうダメかと思っていた、長谷川穂積の復活だと思っていた。あとは、できるだけ、防衛を続けて、今度王者から陥落したら、引退だろうね、と思っていたら、な、な、なんと王者のままで引退となってしまった。
まあ、王者のまま引退っていう美学もあるよね。王者から陥落して負けるぐらいならば、王者に復活して、引退の方がかっこよい。チャンピオンだから、当然、この先に試合を重ねれば、ファイトマネーだって入ってくるし、頑張れば、頑張るほど、大金もちになる。そんなものを捨てて、引退だからね。この踏ん切りも長谷川穂積らしい。
ジャイアンツの長嶋さんは、クリーンアップしか打ってなかったのに、最後は1番をうったり、打順をかえて、不調から脱却を狙ったのに、結局、打率も3割にはるかに届かず、ホームラン、打点も最低の記録を残して、引退となった。この引退の年が、ジャイアンツがV10を逃した年になってしまった。
逆に王は、打順はクリーンアップだったし、打率は悪かったけれど、ホームランは30本、打点も80点以上と、十分4番としての役目を果たした感はある。それでも、自分の打撃ができないと引退してしまった。
この長谷川穂積引退は、王につながるものがある。ボロボロとなって退くのか、輝いている間に退くのか。
どっちが正解ってことはない。でも、私もどちらかといえば、輝ているときに引退したい。
ボロボロで引退すると、引退後の生活が厳しいからね。
お疲れ様、チャンピオン・長谷川穂積!強い、ボクサーでした。

※本当に強かった〜。

意志道拓
ベストセラーズ
長谷川 穂積

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 意志道拓 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長谷川穂積、引退! 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる