気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 囲碁に”神の手”、”Master”登場

<<   作成日時 : 2017/01/06 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、かなり寒かった。冬だから、寒いに決まっているが、正月3が日は、暖かくて、こんな穏やかな日が続けばよいのにな〜、と思ったのもつかの間、この寒さか。しかし、寒くて寒くて仕方がない。
風邪をひかないように注意しなくちゃ。
さてさて、最近のニュースでびっくりしたことが。
ネットに謎の囲碁棋士が登場して、プロ棋士を驚かせている。
その名も「God Moves(ゴッドムーブズ、神の手)」と呼ばれ、先日、趙治勲名誉名人と互角の戦いをした囲碁AIソフトの”Zen”を圧倒して、ほとんど時間を使わず、高速の打ち回しから、超人的な新手を生み出して、囲碁界は騒然となっているそうだ。
あの趙治勲名誉名人を破った”Zen”だから、相当強いはずなのに、それを新手をまぜながら、勝ったのだから、実力は相当なものだ。この”神の手”が現れて、強さに驚いたのに、これを上回るAI囲碁ソフトの登場だ。
その名も”Master”だ。
こちらは、”神の手”以上に、強いと大評判だ。
本当かどうか、真実はわからないが、あの囲碁界最強の井山裕太六冠とみられる人物と対戦し撃破したという。
もし、本当ならば、こちらの方が脅威か。
特に中押し勝ちだから、まさに圧倒的な勝利だ。もし、本当に井山六冠だったら、本当にショックだな〜。
この”Master”の正体は、Googleが開発した囲碁ソフト”AlphaGo”を活用したソフトらしい。
”AlphaGo"は、トップ棋士の李九段に勝ち越して、世間を驚かせたAI搭載の囲碁ソフトだ。
これを活用したものが、どんどんネット上に出没して、多くの相手を負かしている。
ネットでは、プロ棋士も参加しているそうで、それを破っているので、AI囲碁ソフトの実力は相当なものだ。
ディープラーニングを活用したAIソフトだと、多くのプロ棋士の対局の棋譜を読み込ませて、かつ、そのソフト同士を戦わすことで、実力が一気にあがっていく。こうなってくると、もう人間が、ソフトに勝つのは難しいのかもしれない。
あ〜あ、いやだな〜。将棋、囲碁は、絶対にコンピュータソフトなんかに負けて欲しくない。悲しいったら、ありゃしない。
この3月に、”ワールド碁チャンピオンシップ”が開催され、コンピュータソフトが、日本、中国、韓国のトップレベルのプロ棋士と総当たり戦で戦う。この日本代表として井山六冠が出場する。
この4強で勝負して、囲碁ソフトが全勝したら、もう二度と人がソフトに勝つことはないのかもしれない。
もしくは、頭の柔軟な、発想力豊かな、また、これまでの戦い方に執着しない、天才的な囲碁棋士が登場しない限り、コンピュータソフトにボコボコにされてしまう。
悲しい時代が来たな。頑張れ、囲碁棋士!井山六冠!

※井山六冠が負けたら、日本の囲碁棋士で勝つ人はいないかもしれない。

井山裕太栄光の軌跡―碁界を席巻した天才棋士
日本棋院
井山 裕太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 井山裕太栄光の軌跡―碁界を席巻した天才棋士 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
囲碁に”神の手”、”Master”登場 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる