気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ダメか、松坂

<<   作成日時 : 2017/03/19 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現役復帰を目指していた、元中日の川上憲伸が、ついに、現役を引退した。
肩を痛めて、手術までして現役復帰を目指していたが、ちょっと厳しいようで、ここでいったんけじめをつけたようだ。
六大学で活躍して、プロ1年目から2桁勝利をあげ、一時低迷したものの、常時2桁勝利をあげるようになり、プロ入り10年をすぎて、メジャーにいって、結局、思った以上の成績がだせず、メジャーからドラゴンズに復帰しても、その後は、メジャーに行く前の成績にはほど遠かった。
しかし、残念だよね。メジャーにいくと、連戦だったり、ボールが違ったり、マウンドの質が違ったりと、肩を壊してしまう投手が多い。川上憲伸も、メジャーにいった1年目は、まだ、調子がよかったものの、あとは、まったくダメだった。
うーん、これじゃ、悔いが残る気持ちもわからなくもない。
復帰を目指していたものの、やっぱり、もとに戻らず、ついに引退となった。
星野以来の、気持ちを前面に出して投げる投手だったのに、本当に残念だ。
川上と同様にメジャーにいって、肩を壊してしまった、松坂。
日本に復帰しても、高校や、プロ当時に比べて、投げ方がかわってしまったし、なかなか、調子が戻らない。
昔の名前ででています、ってことで、通じるような世界じゃない。
松坂よりすごい投手は、ほかに多くいるし、松坂の当時の投球を知っていれば、まだ、ビビる選手はいるかもしれないけれど、あの松坂の偉大さを知っている選手が少ないので、顔で勝つのはかなり難しい。
松坂も、メジャーにいかず、日本に残っていたら、もう200勝に届くところまでいたかもしれない。
本当に残念だ。
すごい投手だったのにねー。怪我をしてから、コントロールが定まらない気がする。
何だか、おちぶれて引退っていうのは、やっぱり、本人も納得いかないだろうね。
だから、川上憲伸もなかなか引退ってけじめをつけれなかったんだと思う。松坂も、もう以前のような投球には戻らないと思うし、そういう意味では、投球術で相手を圧倒しないと、先発に戻れない。
当たり前だけど、中継ぎは松坂に向いてないし、そのポジションで投げるのは、松坂としても不本意だと思う。
復活するには、かなりのハードルだと思う。
もう、さすがに、松坂も引退って言葉が、身近に感じていると思う。ちょっと悲しいけれど、やっぱり何事にも、終わりがある。周りからうっとうしく思われるぐらいならば、スパッと身を引いた方がよい。
これは、本人しかわからないけれど、でも、ひきのも勇気が必要だし、その決断が近づいているような気がする。
ただ、もう1度、本人が納得できる投球で先発に戻してあげたい。難しいかな・・・。

※川上憲伸もお疲れ様かな?

プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか (ソフトバンク新書)
SBクリエイティブ
小野 俊哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか (ソフトバンク新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダメか、松坂 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる