気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党、惨敗

<<   作成日時 : 2017/07/03 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついについに、将棋の藤井四段が、負けてしまった。
30連勝狙いで、佐々木五段と対局したが、完敗だったようだ。まあ、佐々木五段も若手のホープだし、そう簡単に勝てるわけもない。
将棋のプロになりたての棋士が、負けて話題になるなんて、これまで滅多にない。そもそも、プロになって、こんなに連勝を重ねた棋士はいない。それだけに、藤井四段は、すごい棋士だという証明かもしれない。
昨日、テレビを見ていたら、藤井四段の指し手が、AI将棋のソフトが最適解としてだした指し手と50%以上の確率で一致しているそうで、これは、羽生さん並みだそうだ。
AIの思考に近いのが、羽生さんと藤井四段ってことらしい。近いだけに、AIに勝つのも、もしかしたら、この二人なのかもしれない。これまでも、将棋ソフトを負かすのは、タイトル保持者ではなく、若手だと思っていたが、藤井四段はそれを実証しているのかもしれない。まあ、延々と勝ち続けるのは、難しいし、1敗を喫しても、藤井四段の価値がさがるわけでもない。また、気分を入れ替えて、頑張って欲しい。タイトル戦で、羽生さんと戦う藤井四段を早く見たい。頑張れ、藤井四段!
さてさて、昨日、藤井四段の30連勝がかかった対局の他に、注目の都議会選挙があり、自民党が歴史的大敗をきっした。
前回の議員数を大幅にダウンし、なおかつ、これまで最低だった議席数すら、超えることができないようだ。
自民党の下村都連会長が、稲田大臣の発言が影響したというけれど、それだけじゃない。下村さんも、加計問題で疑惑をもたれたし、暴言の議員もいたし、確かに稲田大臣の発言も大臣なのに自覚がないし、金田大臣の無能さもあらわになったし。都議会選挙には、かなり大きな痛手だったのかもしれない。
ただそれだけじゃない。小池さんが都知事になった時の自民党の対応が、ひどすぎたのも影響していると思う。
さすがに、挨拶にきたのに、対応がひどかったし、こんなことをしていたら、こぞって落選は当然かもしれない。
都民が、自民党はダメだ!といえば、国政選挙でもかなりの痛手だと思う。
しかし、この自民党の大敗はわかるものの、民進党もちょっとだらしない。都議会選挙前に、民進党の議員が都民ファーストに乗り換えたという事実はあるにしても、選挙前の議員数も確保できず、立候補者だって、多くだしたのに、この結果は、自民党の惨敗以上に大きい。自民党がおごっているのも、第二政党が弱すぎることが大きい。
その意味でも民進党が頑張らなくちゃいけないのに、加計だ、森友だと、問題視するのは重要なことだと思うけれど、政治論争を展開していない。もっと、議会で論争してくれないと、自民党が数の優位にたっているのだから、ちゃんと対抗の案をもって、自民党をおいつめなくちゃ。
そんな議会での活躍が、国民の賛同をえて、民進党ファンをつくる大きな理由だと思うけど、どうなんだろうね。
今回の都議会選挙の敗戦が、安倍政権をゆるがすきっかけになるような気がするが・・・。

※小池都知事人気はすごい。

小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017
双葉社
鴨志田 孝一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党、惨敗 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる