気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 似てる東出の羽生

<<   作成日時 : 2017/08/13 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ数週間で、休みもあったことから、新作、準新作をまじえて、14本をTSUTAYAから借りた。
一気に5本ぐらい借りて、1週間で返すって感じで見ていた。どれも、結構面白かった。
ドクター・ストレンジ、モアナと伝説の海、キングコング:髑髏島の巨神、海賊とよばれた男、等々、邦画、洋画を混ぜながら、見ていたが、その中でも、将棋の村山聖の活躍を描いた”聖の青春”は、村山聖を知っている世代だけに、こんなに将棋の名人にかけていた棋士の壮絶な人生に、のめりこんでみてしまった。
特に、村山聖を演じた松山ケンイチは、体重を増やして、この役にチャレンジして、俳優ってすごい職業だとあらためて思ってしまった。
しかし、羽生さんを追って、ここまで追い詰めたのは、村山さんだけかもしれない。
プロ棋士がコンピュータに敗れる日は来ないといったのは、村山さんで、羽生さんは七冠時代にプロ棋士がコンピューターに負けるか?という質問に2015年と言っていた。
村山さんと同じで、負けるわけはないという意見が多かった中で、羽生さんは、1996年の七冠時代に予言していたが、羽生さんの予言より早く、プロ棋士が負けてしまった。
ただ、村山さんは、絶対に負けを認めないだろうし、村山さんだったら、今のコンピューターソフトに勝てるかもしれない。終盤の強さは、絶大だったしね。
いま、勝てるかもしれないのは、羽生さん、村山さんと、藤井四段かもしれない。あ〜あ、見たかった〜。
その若くして亡くなってしまった村山聖の羽生さんを倒すために命をかけた人生を描いた、”聖の青春”で、東出昌大の羽生さんが、すばらしい。
羽生さんの指し方や、しぐさをすごく観察したのか、そっくり。驚くほどに似ている。
指しているときに、考えているしぐさもそっくりで、まさに、羽生さんって感じだった。
この東出さんの羽生を見るだけでも、この映画の見た甲斐があるってもんです。
いま、ちょうど、藤井四段の活躍で、将棋界が盛り上がっているから、こんな村山聖のようなプロ棋士がいたってことをあらためて知る意味でも、この映画をぜひ。おっと、映画はやってないけれど、DVDででているので、TSUTAYAでも、GEOでも十分在庫はあるはずで、みて、感動してください。

※しかし、本当に東出さんの羽生さんは、似ています。

聖の青春 (角川文庫)
KADOKAWA/角川書店
2015-06-20
大崎 善生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖の青春 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
似てる東出の羽生 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる