気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラフト

<<   作成日時 : 2017/10/27 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、ドラフトがあり、注目の清宮は、日本ハム、強打のキャッチャーの広陵高の中村は、カープ、さらに清宮と並ぶ強打者の履正社・安田は、千葉ロッテが指名した。
ジャイアンツも、清宮を指名したが、選択にもれ、その後の九州学院の村上捕手も複数指名で選択もれ。
やっと3巡目で、中央大の鍬原投手を単独指名することができた。
ドラフト2、3位は、即戦力の社会人の捕手である、大阪ガスの岸田、NTT西日本の大城を指名した。
ジャイアンツのキャッチャーといえば、打撃力が弱いが、リードに定評のある小林と、今年活躍した強打の宇佐見がいるが、それでも、キャッチャーを指名するということは、首脳陣は、ウイークポイントだと思っているんだろうね。
小林、宇佐見の二人には、まかせられないということだと思う。
この二人のあとは、ベテランの相川が引退して、実松だから、第三の捕手に期待しているのかもしれない。
4〜6位が、亜大・北村、日立・田中、JX-ENEOSの若林の即戦力の内野手を指名し、7位は外野手の奈良学園大学の村上で、やっと8位で高校生の健大高崎高の湯浅を指名した。
このあと育成で8選手を指名。育成を含めて16人の指名の中で、捕手が4名でいずれも高校生で育てて、というのはなくて、社会人、大学の即戦力の指名となった。
投手は、逆に育成含めて3人の指名で、育成では高校生を2人指名だから、投手陣の層は厚いとみているんだろうね。ここは、育成で指名して、少し長い期間で育成したいこうということだと思う。
去年は、7名中6名が投手を指名し、育成も8名中4名が投手だったので、去年、あれだけ投手を指名したから、今年は、今度は野手だ。
ジャイアンツのレギュラー陣も坂本ぐらいで後は、もうベテランの域に達して、若手の底上げがどうしても必要だ。そういった意味で、野手陣を中心に今年は、指名したが、即戦力が必要なのか、高校生中心に指名して、これからに期待するのか、どうもはっきりしない。
本当は、岡本、中井、山本、吉川、さらに、外野手には、重信、石川、立岡などがいるから、この層が早くレギュラーになり、その後の時代を担う若手を指名した方がよかったかもしれない。
いつも、若手を試合に出して、育てるってことをせずに、すぐにFAとか、メジャーなどから、選手補強してしまい、結局、大枚をはたいて獲得しただけに、その選手たちが優先される。それが、結果的に、スポット対応が続いてしまって、強いチームとならない。今年も、ちょっと不安なところもあるけれど、入団した選手が、競い合って、チーム力をあげて欲しい。来年こそ、日本一にならないと、ジャイアンツの浮上はない。頑張れ、ドラフト選手たち。

※今年のドラフトは成功だったのだろうか。

ドラフト候補名鑑 2017 秋嵐号 2017年 10/28 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊
ベースボール・マガジン社
2017-09-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラフト候補名鑑 2017 秋嵐号 2017年 10/28 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラフト 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる