サルマタ失敬

土曜日にTSUTAYAのレンタル半額セールがあり、そこでDVDを借りた(昨日、書いたとおり)。その中で、あの古畑任三郎の脚本家の三谷幸喜の作った映画「笑の大学」を借りて、見た。
これが、ものすごく、面白い。別所広司と稲垣吾郎の掛け合いが、面白く、初めから最後まで笑わしてくれる。そもそも、別所広司が、ものすごく堅物な感じで笑わない役で、出てくるが、これが本当に役柄が非常にマッチしていて良い。最後は、ちょっと、この時代だからこそ、でてくる話題で、ちょっとしんみりさせてくれる。本当によくできた映画だと思う。
その映画の中で、「サルマタ失敬」というのがある。これが、はじめ、別所広司が意味がわからないと言っているとおり、確かになんだかよくわからない。これが、映画が進むたびに、ものすごく笑いのネタになる。意味は、実は私もよくわからない。「これまた失礼しました」という感じの意味だと思うが、意味もなく連発して、連発すればするほど、面白くなる。
この映画を見てから、我が家では、奥さんが良く使って、笑わしてくれる。
疲れたときに、笑って疲れを癒したい人は、ぜひ、このTSUTAYA半額セールを活用して、借りてみてはいかがでしょうか?(私は、TSUTAYAの回しものじゃないです、きっぱり)
それにしても、三谷幸喜の才能はすばらしい。「笑の大学」のすごいのは、あの時代設定にあるかもしれない。私も、ぜひ、この才能を真似て、りっぱな芸人になろうと思う(なぜ?芸人?)。先週もものすごく疲れましたが、さっそく、月曜日から疲れてます。誰か、早く、この疲れた心を癒して欲しい~(すぐに、人に甘える)。
これで、今週持つのだろうか?持つわけないか。見事なまでに疲れきっているから。

※適当に仕事をして、億万長者となるために。今日は、当然これだ。
   笑の大学 スペシャル・エディション
  文中で借りろといっているくせに、ここでも売る。まさに相乗効果!(違う意味が)
笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: サルマタ失敬 気ままな毎日/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-10 07:37

最近のコメント