力そば

昨日、昼食にそば屋にいった。いつものそば屋であり、当然、”力うどん”を注文した。
このお店は、お餅を油であげているので、お餅が最後まで崩れずに食べることができて、ものすごく美味しい。
昨日は、なぜか非常に混んでいて、カウンターに座り、出来上がるのを待っていた。カウンターの向こうでお餅を揚げるのがわかり、料理人が、”うどんの準備して”と言ったら、もう一人の人が、”うどんがない”という感じでいっていた。
うどんがない?なぜ?力うどんにうどんがないとは?と思いながらいたら、本当にうどんが切れているらしく、お店の人が”うどんがないんですが、そばで良いですか?”と聞きに来た。
力うどんを頼んで、そばで良いわけがない。でも、ごねても仕方ないので、そばで合意したが、”力そば”はありえない。うまそうで、そうでない。
せっかく、力うどんを食べに行ったのに、残念ながら、そばでガッカリしてしまった。
そばが嫌いじゃないが、力そばでは、がてんが行かない。
小さいことに妙なこだわりがある。こんなところが、私が大物にならない理由かな?

※今日は、とりあえず、これだ。
   吉野家の「実行力」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック