美味しいラーメン屋

私の地元に、雑誌などに掲載されていたことのあるラーメン屋がある。とんこつスープで、何回か行ったことはあるが、かなり美味い。何回食べてもあきない。場所がわかりづらいところにあるのに、よく雑誌の記者は見つけたものだ。これは、多くの人の口コミなのだろうか。
このお店は、ねぎラーメンがうまいので、ぜひ一度行ってみてください。と言っても場所がわからないね。お店から宣伝料をもらっているわけじゃないので、ヒントということで。東横線の元住吉から、歩いて10分ぐらいじゃないかと思う。綱島街道沿いで、焼肉屋がならぶ交差点までいきません。こりゃ、すごいヒントだ。
このラーメン屋にいった時に、壁に”○時以降、1万円札で支払った場合、消費税をいただきます”という感じで張り紙がされていた。
えっ?なぜ、消費税?それも、○時は確か18時だったかの夜だった気がするが、これを越えて1万円札で支払うと、どんな理由で消費税を取られるんだろう?
もしかして、本当は消費税を取るべきところをタダにしているってこと?ついつい、この張り紙が気になってしまった。こんなバカな話しってあるのだろうか。まあ、美味いから許してしまおう。
たまにしょうもないことが気なることがある。これも、そのひとつだ。
この前は、携帯電話で一生懸命、謝っている人がいた。”帰ろうと思ったら、上司にのみに行こうって言われて飲みにいってしまった。連絡しようと思ったけど、できなくてごめんね。2軒目に行こうと言われたので、断ってやっと帰るところ。これから、電車にのるから。本当にごめんね。すぐに帰るから。上司がしつこくて”、ん?これは?何か良くある言い訳ってやつ?あっ、どうも何か身近に感じると思ったら、毎日飲んで、今日こそ飲まずに帰ろうと思ったのに誘惑に負け、奥さんに言い訳するときに、使っているのと似ている。”上司が~”、”私は行きたくなかったんだけど~”って言い訳が、サラリーマンであれば、許してもらえる言い訳です。さすがに、奥さんもサラリーマンにとって、上司からの誘いは重要だと思っているから。あれ?でも、私が、部下にのみに行こうぜって誘うと断られることってあるぞ。あっ、威厳がないのか?くそー。
しつけがなってないの?まあ、良いか。

※最近、朝は新聞を読んで、夜の帰りに文庫本を読んでいたら、
  なかなか読破できない。まあ、そんなわけで、最近読んだ本です。
    オウム裁判傍笑記 (小学館文庫 R あ- 11-2)
  前代未聞の驚きの事件だったので、買いました。
  すごい事件だったので、裁判ってどんな感じだったのかと思って買いました。
  宗教を否定するつもりもないのですが、ちょっと教祖を信じた信者がかわいそうって
  気がします。興味ある人は、どうぞ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック