TSUTAYA半額の日

先日からTSUTAYAが旧作半額レンタル中なので、TSUTAYAに行って、借りてきた。今回は、3本借りて、雪が降りそうな天気だったので、1日中見ていた。
今回借りたのは、次の3本。
  ・アンフェア the movie
  ・となり町戦争
  ・ラフ
アンフェアは、テレビの連ドラからスペシャル番組、映画と続いているので、連ドラから見ていたので、楽しみにしていた。テレビは、誰もがすべて怪しいという作りで、毎週楽しみに見ていたが、映画もテレビ同様な感じで誰もが怪しいって感じで進んだ。
いろいろと設定に無理があったりするところもあるが、かなり面白いと思ったが、最後まで見たら、これって、まだ続くのか?って感じがした。見てない人もいるからストーリーはいえないが、映画は確かLASTだったはずなので、これで終わりでも良い気もするが、でも続きを作ろうと思えば、永遠と作れそうな感じだ。篠原涼子が、確か妊娠して休んでいるので、復帰したら検討するのかもしれない。篠原涼子で番組の続きをやるならば、”ハケンの品格”の方が連ドラをやりやすいのかもしれないが。
となり町戦争は、原作を読んだときに、これがまさか映画になると思っていなかった。原作を読んでいるときは、結構面白かったが、映画だと、うーん、どうだろう。私は、いまいちって感じがしたが。映画にしたら、ストーリーが地味すぎるような気がする。ちなみに、江口洋介が主演だが、実は江口洋介が好きじゃない。にも関わらず、アンフェアにもでているので、江口洋介ファンだと疑われてしまいそうだが。
ラフは、長澤まさみ主演の映画で、これはタッチでおなじみのあだち充原作の漫画の実写版だ。あだち充の漫画は、面白い中に涙をさそうものが多くて、学生の頃だったかに、週刊誌でよく読んでいた。社会人になり、結婚してからは、週刊誌を買わなくなったし、読まなくなったので、あだち充が今も活躍しているのか、よくわからないが。週刊誌を読んでいることは、どちらかといえば、あだち充より、とりみきの方が好きだった。とりみきの漫画の中でのギャグはものすごくくだらなくて、”バラの進さま”、”るんるんカンパニー”が好きだった。あ~あ、懐かしい。こんな漫画を知っている人は、そうそういない。話しがずれてしまったが、ラフはいまいち。長澤まさみのかわいさだけでは無理がある。どうも、涙そうそうも期待していた割には、いまいちって感じがしたが。長澤まさみファンのための映画なんだろうが、どうせ映画化するならば、ラフではなく、みゆきの方が合っていた気もするが。
今週は、まだ、半額セール中なので、もう1回借りることができる。
”エラゴン 遺志を継ぐ者”、”ドリームガールズ”、”それでもボクはやってない”、”300 <スリーハンドレッド>”を借りてみるか。おっと、次週の土曜日も出社だった。出社予定だと借りても見れないから辛いな。そういえば、最近は、昔のテレビのドラマがDVDでレンタルしていた。こりゃ、懐かしいってものもある。俺たちの勲章なんてのが合ったが、ドラマものを借りると一気に5巻とか借りることになるので、それはそうそう見終えることができないので、借りるかちゅうちょしてしまう。外国ドラマでは、刑事コジャックがでていたが、私は、スタスキー&ハッチが見たい。いつ、でるのだろうか・・・。

※懐かしいついでに、外国ドラマでも。もう30年以上前のドラマです。
  結構、面白かった。日本でいうところの、あぶない刑事などの走りだと思う。
    刑事スタスキー & ハッチ 1stシーズン完全版 DVD-BOX
刑事スタスキー & ハッチ 1stシーズン完全版 DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック