伊豆高原旅行

この日月と休みをもらって、夏季休暇をとって伊豆高原に旅行に行ってきた。どうも旅行に行くと死ぬほど飲んでしまう。昨日は、電車の中で1リットル飲んで、宿に飲んで、食事の時に飲んで、と飲んでいたら、ひどく酔ってしまった。そもそも、旅行に行くと誰も飲まないので、一人で永遠と飲むことになるのだが、さすがに一人で飲んでいると、面白いほどに酔ってしまって、自分でも何が何だかわからなくなる。
昨日は、高原ビールという地ビールを飲んだが、地ビールは、好き好きがあると思うが、飲んでいるうちに癖になると思うが、私は、あまり好きじゃない。思った異常に値段も高いし、やはり、地ビールじゃない不通のビールになれてしまうと、ちょっと違和感がある。銀河高原ビールもちょっと味が違ったりするが、それと同じような味がする。飲み続けると、非常に美味しく感じるのだが、1杯だけだとちょっと違和感ありありだ。昨日は、地ビールを飲んで酔った後は、その土地でしか聞いたことがない焼酎をロックで飲んでみた。これも、ちょっと味がよくわからない。酔ってしまおうというときは、ロックと決めているが、ロックで酔っても、食事で酔って、泊まったホテルは、食事もよければ、温泉も良い。
温泉で露天にはいってボーっとしていたら、何か木陰で、大きなものが動き、何だ?と思ったらリスだった。あ~あ、よかった。これで猿だったりして、温泉に入ってこられたらビビッてしまう。リスが気持ちよく、木陰を飛び跳ねている中で露天の温泉にはいって非常にくつろいだ。あげくに、木立にあるので、虫が多いのか、蚊取り線香が炊かれていて、これが、また、臭いが良くて、ついつい、長湯してしまう。
昨日は、温泉に2回はいり、今朝も2回はいってみた。なんていっても5時すぎに起きて温泉に入り、食事を終えてから、また、温泉にはいってしまった。このホテルは、すごく良い。これまで、箱根の岡田屋が一番良いと思っていたが、それをはるかに越えるぐらい良い。露天がたくさんあっても温度もほどよい。これは、夏もよいけれど、冬なんて来たら、もっとよかったかもしれない。
温泉からあがると昨日は、ヤクルトが常時置かれていて、今朝は牛乳が置かれている。ひさしぶりに瓶の牛乳をみた。牛乳を飲むと下痢しちゃうので、基本的には飲まないのだが、これは、飲まないわけにはいかないと思って、牛乳を飲んでみた。うまい!瓶の牛乳カップをとったのはいつ依頼だ?小学校のときは、キャップを集めていたが、あのキャップをとる道具を本当に何十年ぶりかで見た。少しだけ、感激。
温泉からでて部屋に戻ろうとしたら、そこにはウサギが。あ~あ、感動だ。ウサギが、すぐそこで餌を食べている図柄は、本当にどれくらい昔の出来事なんだろうか。何となく、昔の子供の頃にもどった感動を味わえる宿でした。
本当によかった。場所はいいたくない。いってしまったら、誰もがきてしまうと行きたいときにいけない。あ~あ、なんて小さな男なんだろう。ということで、既に酔ってしまったので、これは、次回ということで(何のことやら)。

※地ビールをどうぞ。

ニッポンの地ビール
アスキー
地ビール完全ガイド制作委員会

ユーザレビュー:
全地ビールを制覇を夢 ...
日本の地ビールはこの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニッポンの地ビール の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック