将棋ソフト、女流王将に勝つ!

将棋ソフトの”あから2010”が、将棋の女流王将である清水市代を見事に負かしてしまった。なんてこったろう。まさか、清水さんが負けると思っていなかったので、ものすごくびっくりした。
今では、確かチェスは、コンピュータの方がチェスチャンピオンを破り、人間がコンピュータ相手に勝てなくなってきた。あげくに、ハンディキャップマッチでも、人がコンピュータに勝てなくなり、さらに、スーパーコンピュータのような大規模なものではなく、スマートフォンに搭載されたチェスでもかなり強い。チェスは、手の広がりから言えば、駒数が少なく、取った駒が使えないので、手をがみやすく、コンピュータが人間に勝つのは何となくわかるが、将棋は取った駒が再度自分の手として使えたりするので、手の広がりがあり、なかなか勝てないと思っていた。
私も将棋を子供の頃に覚え、雑誌などで将棋の段をとり、持っているが、実際にはアマチュアの初段ぐらいの実力だと思うが、その私が、PCに標準でついてきた将棋とやって負けることない。とにかく、最強モードであってもおかしな手をさすので、どのような局面になっても負けることがなかったが、買った将棋ソフトでは、なかなか勝てない。かなり強い。昔は、何回やっても同じ手ばかりさしたりしたが、今の将棋ソフトは毎回手順が違うし、序盤からおかしな手がない。ここ何年かで将棋ソフトの実力がかなりあがってきたので、いつか、チェスのように将棋もコンピュータが人間を負かす日がくると思っていた。
ただ、まだまだ、プロ棋士が負けると思ってなかったし、かなり追い込まれることがあっても、人間の方がコンピュータの想定しない手をうち、その手の深い意味がわからずに、コンピュータが負けると思っていた。
それが、何と現役のプロである清水女流王将が負けると思わなかった。棋譜を見てないので、清水さんの手が悪かったのかどうか、よくわからないが、時間の使い方が悪かったというようなことがニュースにのっていたと思う。
確かに、人が考える速度に比べれば多くの手を読むことができるコンピュータはCPUさえ高速であれば、手の読みはものすごく早いので、時間はコンピュータの方がかからない。うまく時間を使わないと時間切れに追い込まれてしまい、人が負けるということは想定できる。
しかし、このコンピュータがプロ棋士を負かしたのは、歴史的な1勝の気もする。清水さんの勇気には、脱帽だし、清水さんの実力を疑うようなものではない。今でも、女流の中ではトッププロだし、清水さんの実力は、男性プロだって負かすことができるぐらいにすごい。
清水さんが負けたからといって、コンピュータがチェスと同じで人を超えたわけじゃない。これが、何回やっても勝てないとなれば別だが、コンピュータはあがることがないが、清水さんは注目を浴びた試合だったので、気負いや、また多少あがったこともあると思う。
将棋連盟が、コンピュータと棋士との戦いを許しているわけじゃなくて、コンピュータ将棋の普及のいっかんで清水さんとの勝負を認めたので、これでコンピュータと人との戦いが頻繁に行われるわけじゃないと思うが、出来れば、また、清水さんのリベンジの場をもうけてあげて欲しい。清水さんが勝てるという保証はないけれど、清水さんの不屈の闘志があれば、必ずやリベンジしてくれると思う。
私もIT業界にいる限り、コンピュータの味方をしたいところだが、この将棋だけはやっぱり人間の味方だ。頑張れ、清水さん。これを気に、女流タイトルを総なめするぐらい頑張れ!

※清水市代さんは、かなり強いです。頑張れ、清水さん!私が持っているのは、このボナンザです。

ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)
角川書店
保木 邦仁

ユーザレビュー:
面白いけど。。。各章 ...
目標は見えたが、到達 ...
小林秀雄の「常識」は ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック