グランクラス

最近、飲みすぎのせいか、どうも疲れがとれない。こんなときは、温泉が一番だと思ってみたものの、なかなか休みを良いタイミングでとることもできず、少しヘトヘトだ。
2月といえば、梅の季節だし、若かりし頃は、水戸の偕楽園によくいったものだが、気力がわかない。偕楽園は我慢するにしても、時期的には桜も良い感じなので、伊豆・伊東という手もある。伊豆・伊東ならば、温泉もある。横須賀線が近くに止まる様になり、さらに、黒潮なんとかという直通の電車ができたので、うまく日にちさえ合えば、温泉に行くことができる。まあ、しょちゅう行くほどの財力はないにしても、何とか温泉に行きたいものだ。そこで、疲れをとるために、何回も温泉にはいって、合間にビールを飲んで・・・。書いているだけで、今以上に疲れるような気がしてきた。
そんな温泉に行きたいと思っているときに、何と新幹線にデラックスシートができたというニュースをみた。名づけて、”グランクラス”だ。なんと、心地よい響きだ。高貴で、豪華なイメージで、よくこのネーミングを考えたものだ。
そろそろ、新幹線も飛行機に負けたりするので、少しでも快適に旅行してもらうことを目標に、このシートができたのかもしれない。いや~、豪華、豪華!
乗ってみたい~。ただ、新幹線であっと言う間に目的地についてしまったら、まったくありがたみがない。せめて、3時間とか、4時間とか、乗っていると、ありがたみがでてくるかもしれない。
どうやら、はじめは、東北にいく新幹線にできるようなことが書いてあったと思う。東京、青森ぐらいで何時間かかるかわからないが、ちょっとした小旅行になるので、この豪華シートで行くのも楽しいかもしれない。新幹線は、非常に良く出来ていて、あまりゆれないし、静かな時間を過ごせるかもしれない。
以前、東北新幹線にのって、よく福島に行っていたことがあるが、東海道新幹線は景色がコロコロかわるので、窓の景色をボーっと見ていても楽しいものだが、東北新幹線は、山間部を通っていく感じで、あまり景気が変わらず、飽きてしまう。
そんなところを優雅なシートでリラックスして乗っていたら、本当に楽しいと思う。値段をすっかり忘れてしまって、いくらか覚えてないが。ただ、多少高いとなると、行った先のホテルや旅館にお金を使った方がよいと思ってしまう。
もっと歳をとると、行くまでの時間を優雅にしたいという心境になり、このグランクラスを利用するかもしれない。それまで、さらにグレードがあがり、さらにさらに、リニアモーターカーになったりしたら。でも、リニアにしたら、いまの時間からもっと短くなるので、乗っているありがたみがなくなるかもしれない。いっそうのこと、こだまあたりにこのシートをいれてくれると、相当楽しい旅行ができるような気がする。ただ、無理だろうね・・・。

※グランクラス、すばらしい名前です。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック