大波乱

プロ野球もそろそろ終盤をむかえるというのに、テレビ中継がないのは、ちょっと寂しい。せめて、土日ぐらいは、テレビでやってくれても良いのに。あ~あ、寂しい~。
仕方ないので、インタネットで確認していたら、坂本が見事にヒットをうって、ジャイアンツが延長の末、カープを破った。よしよし。坂本は勝負強い。ただ、何で先発から外れたんだろう?打撃不振のせい?
原監督は、今年、少し打線をいじりすぎる。選手も多少の波はあるのだから、辛抱強く使った方がよい。
今年は、レギュラー陣も打撃不振で先発から外したケースが多すぎる。坂本、小笠原、ラミレス、阿部など。
打順もコロコロとかわり、たまに気分転換で変えるのはよいけれど、あまりにもかえすぎると、やっぱり打順って、それぞれ役割があるから、調子が戻るわけもなく、かえって調子を悪くする気がする。
いまは、高橋由が4番を打っているけれど、やっぱり4番はラミレスの方がよいと思うし、高橋由は3番の方があっている。もう残り2ヶ月ぐらいだから、先発と打順は固定した方がよい。どうも変えれば変えるほど、アタフタした感じでうつるので、ここはどっしりといって首位を狙うぞというところを見せて欲しい。
さて、昨日は、世界陸上2011の100mの決勝があり、なんと、ボルトがフライングで失格となった。ボルトの準決勝の試合などみたら、体が他の選手より一回り大きい上に、ゴールのかなり前から流す感じで力を抜いたので、決勝で世界記録をだすのかとすごく期待していた。
そしたら、なんと、フライングで失格とは。あ~あ、残念。まあ、ルールといえばルールなので、仕方ないのかもしれないが、フライング1回で失格は少し厳しすぎる気がする。一流の選手は、フライングなどしないのかもしれないが、せっかく楽しみに見ている方は、フライングですぐに失格になると、何となく気をそがれるというか、かなり残念な気になる。せめて、1回目は注意で2回やったら失格って感じにして欲しい。
せっかくの大舞台で世界記録をだせなかったボルトは、次回ぐらいから、予選といえども世界記録を狙ったりするのだろうか。本気で走ったボルトってそうそうないし、このままだとどこまで記録を伸ばせるのかと楽しみにしているのに、いつもそこそこの記録で終わるので、ぜひとも本気で走ることを期待しよう。
日本では、女子100mで福島選手が準決勝に進んだ。さすが、福島って感じだ。これは、期待大だ。決勝にいくのはかなり難しいのかもしれないが、何とか頑張って欲しい。頑張れ、福島!

※ボルトが失格は、すごくがっかりだ。

ボルトはなぜ速いのか? [DVD]
ポニーキャニオン
2010-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボルトはなぜ速いのか? [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック