気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 内藤大助が引退へ

<<   作成日時 : 2011/11/14 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、土曜日まで研修で働き、日曜日1日休んだものの、どうも調子がでない。何となく疲れがたまっている。うーん、困ったもんだ。今週頑張れるのだろうか。
そういえば、日本シリーズが始まり、何と中日が2試合連続で延長を制して、連勝した。1,2戦を連勝すると、かなり高い確率でそのチームが日本シリーズを制するらしい。両軍ともに投手力は、非常に高いと思うが、ソフトバンクの打線が、ひどく不調だ。試合勘が戻っていないのか、打線が湿っている。内川、カブレラを入れて、打線の層を厚くしたはずなのに、本当に打てない。打てないというか、打線がつながらない。これじゃ、点をとれない。
良いところで、内川、多村にまわり、二人が凡退を繰り返してしまう。どうも谷繁のリードに翻弄されている感じだ。もともと、セ・リーグにいたバッターだから、弱点をうまくついているのかもしれない。
第3戦から、ナゴヤドームになるので、守備につかなければいけなくなり、さらに打線が弱くなってしまうのかもしれない。ソフトバンクの奮起に期待するか。このままでは、4連勝でドラゴンズ優勝ということにもなりかねない。
しかし、これで中日が優勝したら、日本一になった監督を解任することになる。うーん、首脳陣も複雑だろうね。
さてさて、元世界チャンピオンの内藤大助が引退した。ここ1年ぐらい、試合から遠ざかっていたし、年齢も37歳と、やはり絶好調のときに比べれば、力が落ちてきた気もする。
変則なボクシングで、変な方向からパンチがくるようなボクシングスタイルだったが、それでもあきらめずに闘って、見事にチャンピオンになったのだから、本当にすごいことだと思う。
亀田兄弟との試合もなかなか面白かったし、ヒールの亀田を相手に、堂々と戦い、大毅をやぶり、人気はかなりあがったと思う。その後、防衛を続けたが、興毅に敗れて、王座から陥落してしまったが、ぶたれても前にでて闘う姿勢はすごいものがあったが、やっぱり、打たれすぎるボクシングは、みているとちょっと痛々しい。
そんな内藤もどちらかといえば、ボクシングの選手というよりは、少し優しい感じの選手だし、本人の引退コメントからすると、亀田興毅とのリベンジのマッチメークができなかったことで、モチベーションが下がり、引退を決意したということらしい。
誰でも引退というのは、必ずくるもので、どこで決意するかだけだと思う。確かに、チャンピオンになると、次の目標を見つけづらいし、減量もかなり過酷だ。よほど好きな人しか、ボクシングはできないだろうし、目標がなくなると、モチベーションに影響がでると思う。
うーん、そういえば、何となく、最近、モチベーションが。何を目標に頑張ればよいのだろうか。少し、気分をかえて、やる気をだすか。やる気がでてこないと、引退かな・・・。

※内藤大助も良い意味で記憶に残るボクサーだ。

いじめられっ子のチャンピオンベルト
講談社
内藤 大助

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いじめられっ子のチャンピオンベルト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内藤大助が引退へ 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる