ボルト、強い!

昨日は、夜から、世界陸上があり、男子マラソンで日本選手を応援してみていた。
今回は、川内、藤原など期待の選手がいるので、女子マラソンの福士さんのようにメダルがとれるかも、と期待してみていた。
ただ、いくら、ロシアでやっているといっても、日本と気候が同じなのか、気温がやたら高くて、マラソンに向いた時期でないのかもしれない。序盤から、期待の川内、藤原などが脱落してしまって、終盤まで先頭集団に残ったのが、中本一人で、ちょっと残念だった。
テレビで見ていると、解説の瀬古さんも、まったく疲れを見せない、汗の出方が少ないとか、中本をほめていたので、メダルがとれるかもと応援していた。しかし、先頭集団のスタートダッシュについていけず、というか、初めから自分のリズムで走っていたので、徐々に遅れてしまったが、最後まで頑張って、5位に入賞した。
4位の選手にもう少しでおいつきそうだったし、もう少し前でおいついて、追い越せば、もしかすると、メダルもとれたかもしれない。本当に残念!
あの暑い中で、よく最後まで頑張ったと思う。藤原、川内、前田と順位は落としたけれど、最後まで走りぬいたのは、よかったと思う。ただ、やっぱり、せめて、終盤まで先頭集団に残ってメダルとれるのでは?と期待させてくれるともっとよかった。また、次回かな。この調子だったら、また、メダル争いに参加できそうな気がする。
真夜中は、ボルト登場!100mに続いて、200mも金メダルと2冠達成だ!
ボルトは、本当に強い。体がそもそもでかいし、スタートダッシュでスピードにのり、加速がつくと、最後の数十メートルは、一生懸命はしらなくても、そのスピードの余力で相手がまったく追いつかない。
ボルトを脅かすと思ったタイソン・ゲイ、アサファ・パウエルなどが、薬物違反で欠場したこともあり、ボルトが圧倒的に優位な試合だったのかもしれないが、それでも、きちんと勝つところにボルトのすごさがあるんだと思う。
ボルトが歳をとって、力が衰えてから破るのではなく、現役バリバリのころに破る選手がでてくるのだろうか?
日本の桐生、山縣あたりが、ボルトを脅かすようになったら、すごいのに。
体の大きさが違うので、難しいのかもしれないが、多少はボルトをびびらせるぐらいになると、日本人選手の短距離のメダルも夢じゃないかもしれない。頑張れ、桐生、山縣!

※ボルトは本当に強い。

ボルトはなぜ速いのか? [DVD]
ポニーキャニオン
2010-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボルトはなぜ速いのか? [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック