川上、二岡も戦力外に

今週は、非常に長い。やっと、明日が金曜日で、休みに入れる。長い、本当に長い。
昨日飲んで帰り、今朝、起きたときは、すっかり、土曜日だと思っていて、奥さんはこんなに早く土曜日におきて、どこにいくのだろうか?と思ってしまった。まだ、木曜日!あ~あ、長い週だ。

さてさて、プロ野球も本当に終盤を迎え、広島の前田のように引退する選手もいれば、球団から戦力外をつげられる人もいる。ニュースを見ていたら、何と、ドラゴンズの川上が戦力外になってしまった。
メジャーに行く前の川上は、すごかったのに、メジャーにいって、戻ってきたときには、何となく、日本のプロ野球にいた頃の球威もなければ、切れもない。
確かに、期待の大きさを考えると、そのギャップは大きいと思うし、高い給料分は、働いてくれないと球団も見放してしまう。
二岡も同じで、やっぱり、実績があり、これぐらいは働けるだろうと思っていても、それが発揮できないと、球団も見放してもしょうがない。特に思うに、ベテランは、実力がわかるので、このぐらいは働けるだろうとおもって、そこまで出来なければ、逆に未知の力のある若手を使った方がよいと思っても仕方ない。
若手の方が、将来に期待がもてるし、給料は安いし、それを考えると、ベテランが切られるのも仕方ないかもしれない。
しかし、川上、二岡とレギュラーや先発ローテーションを守ってきた選手が、引退ではなく、戦力外になるのは、ちょっと悲しいね。
川上は、タイガースが興味を持っているということで、移籍の可能性がある。タイガースも何だか、メジャーをくびになった選手ばかり集めている。
福留、西岡がいるのに、これで、川上?この調子でいくと、松坂は当然狙っていると思うし、下手すると高橋尚、和田とかもとりそうな気がする。
タイガースもベテランばかりとってしまうと、若手の出番がなくなる。何だか、昔のジャイアンツみたいな感じだ。ジャイアンツは、FAで選手をとり続けたので、若手の出番がへって、FAで確保した瞬間だけは良い成績が残せるが、長期間常に優勝を狙えるチームとならなかった。
やっと、生え抜きの選手がレギュラーになり、それも、若手から1軍デビューする選手が増えてきて、連覇できるようになってきた。タイガースも生え抜きの選手を大事にしないと、常に上位を狙えるチームにならない。
大丈夫かな?

※ちょっと不安なタイガース。

阪神タイガース暗黒時代再び (宝島社新書)
宝島社
野村 克也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 阪神タイガース暗黒時代再び (宝島社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント