気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS STAP細胞はあるのか?

<<   作成日時 : 2014/04/04 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週もあと1日。何か、非常に長い。何だ、この長さは。月曜日に飲んだせいなのかもしれないが、やっと1日で終わるとホッとする。新年度を迎えるとやたらイベントが多くて、あげくに、この時期は、歓送迎会が多いせいか、飲んでばかりいる。
たまたま、今週は月曜日と金曜日の2日だけだ。来週は、何だか、毎日宴会だ。体が持つのだろうか。
適当に飲むということができない。翌日に残らない飲み方をしなくちゃ。
さてさて、小保方さんが論文で発表したSTAP細胞だが、理研が、論文に関して小保方さんの捏造であるという発表をした。うーん、未だに発表される内容が、驚くことばかりで、何だかさっぱりわからなくなってきた。
確かに発表されたときは、本当にこんなに若い女性が、大発見できるのだろうか?と思ったりした。長い間、多くの実験を繰り返して、実証検証するものだと思っていたので、それが、若い研究者によって発表されたときは、日本も捨てたもんじゃないと、ビックリしたり、感動したりした。
それが、数ヶ月で、STAP細胞が論文どおりにやっても再現できず、疑惑が浮かび、理研が検証した結果、論文捏造と残念な結果となってしまった。
小保方さんは、捏造ではないといっているので、ここは、はっきりと理研と議論して欲しい。
このSTAP細胞に期待している人たちもいるのだから、真偽をはっきりさせるというよりも、ダメならばダメで、また、実験を繰り返して、早く作れる方法を発見して欲しい。
理研も何だか、小保方さん一人に罪を押し付けている気がするが、この論文を発表する過程で、多くの有識者が関わってきたのだから、もし、本当に論文が捏造だとすると、この有識者たちの罪も重い。
こういう事件がおきると、すぐに国などが規制に走る傾向にあるので、それで、研究者が萎縮して、良い研究が発表されなくなるのも困る。やっぱり、若い研究者のアイデアを活かして、それを積極的に公表することが重要な気がする。
いまだに、このSTAP細胞の件は、何が真実かわからない。ただ、やっぱり、たまたまかもしれないが、小保方さんは、作り出したことに期待したい。それも、たまたま、偶然できてしまい、その行程が実はわかってなくて、何となく、こんな感じでやったら出来たっていうのを論文にしてしまった、ということが真実だったりして・・・。それはないかな。
ちょっとこのSTAP細胞の件は、また研究段階に戻ってしまったのかもしれないが、病気で悩んでいる人もいるので、また、地道に研究して、簡単に作れる方法を発見して欲しい。
このSTAP細胞の件は、真偽が長引きそうな気がする。どうなんだろうか。

※難しいね、この手の論文は。








山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
講談社
山中 伸弥

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
STAP細胞はあるのか? 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる