不穏な天気

ワールドカップの試合を真夜中まで見ていたが、やっぱり、日本代表と随分と差があるような気がする。
日本を破った、コロンビアのロドリゲスやブラジルのネイマールにしても、たった一人でも、得点をあげるだけの能力の高さがある。日本は、一人で相手を突破することがあまりなくて、やっぱり、パスをつないでゴールに向かうという戦術なので、多くのメンバーの力が必要となる。当然パスの精度をかけば点にならない。
たった一人で局面を打開する選手がでてこないと、なかなか日本が海外のチームと対等に戦うのは難しいのかもしれない。やっぱり、予選負けや、大敗を喫してもよいので、ブラジルや、コロンビア、アルゼンチンなどと戦って実力差を感じながら、レベルアップをはかっていかないとダメかもしれない。
しかし、本当に海外の選手は、すごい。ゴールシーンは、みていて、惚れ惚れする。どこが優勝するのだろうか。
さてさて、昨日は、用事があって、朝からでかけなくちゃいけなくて、天気予報をみたら、天気が荒れるということだったので、長靴に長傘をもって、でかけた。
ところが、一滴も雨がふらず、あげくに、ものすごく天気が良い。暑くて暑くて仕方ない。
結局、長靴だと歩きづらいのに、ずっと歩き、傘も日傘だったらわかるけれど、雨用の長傘をもって、出歩いていた。
家に帰ってくるまで、晴天のままで、家に帰ってしばらくしたら、大雨、雷雨となった。
うーん、残念というか、何と言うか。
せっかく、長靴をはいて、万全で外出したのに、ちょっと、機会がないと少しだけ悲しい。
最近の天気は、怖いほど荒れる。先週は、雹が降ったし、こんなのあまり聞いたことがない。雹のせいで、木の葉がおちてしまって、それが排水溝をふさいでしまい、道路が川のようになったようだが、こんなの経験したことがない。
それに、いったん天候が怪しくなると、雷雨、大雨で本当にとんでもないことになる。
しかし、怖いね~。
何がいやだといえば、雷が一番嫌い。外出先で雷にあったら、体が凍ってしまう。
今週は、どうなんだろう?天気が悪いと、いやだな~。

※雹が降るかな~、怖いね~。

気候で読み解く日本の歴史―異常気象との攻防1400年
日本経済新聞出版社
田家 康

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 気候で読み解く日本の歴史―異常気象との攻防1400年 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック