将棋電王戦FINAL、出場プロ棋士決定!

毎週のように台風か。秋だから、仕方ないのかもしれないが、ちょっと憂鬱。やっぱり、気持ちよく働きにいかないと、気分がブルーになってしまう。
CSもパ・リーグの試合が、延期になってしまったが、これは、仕方ないかな。この台風で、関西圏のJRは運休になっているし、見に行くのも、帰るのも大変になってしまうので、この即決はよかったと思う。
そんなわけで、昨日は、朝から、レンタルビデオ三昧。一昨日、GEOで借りてきたが、新作、準新作が100円という格安ということと、台風でどこもでれないか、ってことで、みんな考えることは一緒らしく、私が借りにいったときは、すでに、人気のあるDVDは、まったくおいてなかった。そんな中で、3巻借りてきた。
アメージング・スパイダーマン2は、期待通りの面白さだったが、以外に面白かったのが、”キック・アス/ジャスティス・フォーエバー”。これは、出演者が有名人なのか、さっぱりわからなかったが、期待していなかったのに、最高に面白い。どうやら、続編ができるらしいが、ヒット・ガール役のクロエ・グレース・モレッツが、可愛いのに、やたら強い。ギャグ的な要素も強いが、アクションもよかったし、映画ファンの人は、ぜひ。私は、好きな映画です。
さてさて、ついについに、将棋のプロ棋士とコンピュータソフトが平手で真剣に戦う、将棋電王戦の最後の戦いの出場メンバーが決まった。これまでと同じ、平手で戦う最後の勝負となるそうだ。今後は、プロ棋士とコンピュータソフトが組んで、戦うようになるようだが、プロ棋士としては、絶対に負けられない勝負になりそうだ。
そもそも、絶対にプロ棋士が勝つと思っていたのに、第二回は1勝3敗1引き分けで、まさか、三浦八段が負けると思わなかっただけにショックだった。ここで負けた船江五段は、年末にリベンジマッチで見事に負かして、少しだけ、プロの意地をみせた。
第三回は、事前に将棋ソフトがプロ棋士に渡されて、研究期間があり、今度は、完璧にプロ棋士が勝つでしょうと思ったら、何と1勝4敗!屋敷九段、森下九段も負けてしまって、プロ棋士が弱いのではなく、将棋ソフトの実力が以上にあがったと感じてしまった。その中で、若手の豊島七段は、完璧に勝ちきったので、まだまだ、プロ棋士にも勝つチャンスはあるような気がするが、どうなんだろう。
来年開催のFINALでは、阿久津主税八段、村山慈明七段、稲葉陽七段、永瀬拓矢六段、斎藤慎太郎五段の5人が出場する。若手の実力者の出場で、若手の方が、ソフトに対する柔軟性はあるのかもしれない。
今度こそ、本当に、今度こそ、プロの意地を見せて欲しい。まだまだ、コンピュータには、負けないぜってところをぜひとも見せて欲しい。3勝2敗で、プロ棋士の勝ちと見たが、どうなんだろう。
来年の開催とのことだが、いまから、本当に楽しみだ。頑張れ、プロ棋士たち!

※コンピュータソフトの実力は、恐ろしいほどに高い!

コンピュータ将棋の進歩 6 -プロ棋士に並ぶ-
共立出版
松原 仁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンピュータ将棋の進歩 6 -プロ棋士に並ぶ- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック