年末恒例の忘年会旅行

もう早いもので、今年も1ヶ月をきり、来週から忘年会強化月間が始まる。
その前哨戦ってことで、恒例の忘年会旅行だ。もう何回やっているのだろうか?
何となくだが、もう10年ぐらいやっている気がする。10年一昔だから、1回目が随分古く感じる。始めは、結構人数がいたが、それにしては、一番しょぼい旅館だった。旅館っていうよりも民宿かもしれない。
いまでは、考えられない。大人数を収容するホテルがもしかすると空いてなかったのかもしれない。
一応、温泉風呂だということだったが、やたらぬるい。最悪なのは、露天風呂だ。小さな露天風呂がついていたが、なんと、ぬるくて入ることができない。
露天がぬるいなんてきいたことがない。そんな旅館から始まって、いまでは、かなりグレードの高いホテルになっている。さすが、幹事!幹事は、若手社員が対応してくれる。この若手が、この時期になると、しっかりとホテルはとってくれるは、電車の手配はするは、大活躍してくれる。
いまどきの若者にしては、珍しい。もう親子ぐらい歳が離れているのに、よくつきあってくれる。
どちらかといえば、上司と一緒に飲みたい、っていう人はあまりいないのに、私ですら、役員と飲むと気を使うし、めんどくさいと思うのに、本当にえらい!こんな私に付き合ってくれる若者は珍しい。
今回は、熱海!
熱海は、割と近いので行きやすいし、温泉で外れることはないので、大好きだ。
ただ、駅前の商店街をなかなか思い出せない。熱海と伊東と箱根がまざってしまって、いつも買うお土産が何だったのか。
町並みを思い出すと、いつも買っているお店を思い出すのだが。
まあ、熱海のお土産といえば、干物かな。熱海の干物は美味しいからね。買って帰ろうかな。
電車もどうやら近すぎて、特急などがうまい時間にないらしい。てっきり、伊豆の踊り子号あたりがあるのでは?と思ったら、そうでもないらしい。
今回は、普通車のグリーンでいくそうだ。まあ、これも、幹事が考えてくれたのでよいかな。怪我なく、無事に帰ってこれるように注意しなくちゃ。

※熱海の温泉はよいね。

温泉主義〈No.4〉特集・熱海温泉
くまざさ出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 温泉主義〈No.4〉特集・熱海温泉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック