忘年会旅行、すばらしい部下たちと

今年も、また、忘年会旅行に行って来た。なかなか、この歳で20歳以上も歳の離れた若者と旅行にいくことはないのに、毎年この時期になると、若者が忘年会旅行を企画してくれる。
人数がそろわなければ、夜のハトバスツアーで1年をしめくくるっていうことでもよいのだが、今年は、新入社員も参加して、大盛り上がりだった。いや~、楽しかった~。
本当に上司思いの部下たちなんだろう。行きの電車でも、ビールを大量にのみ、旅館についてたら、ついたでのみ、結局、相当飲んでしまった。
私のくだらない話に飽きずに聞いてくれるなんて、本当にえらいね~。画像
今年は、熱海だ。熱海の温泉旅行は、なかなか楽しい。温泉が、やっぱり、本格的だから、温泉にはいるとドット疲れるが、あの熱さも非常に心地よい。
熱海もホテルなどがつぶれて、廃れたと思ったが、まったく違って大人数でかなりにぎわっていた。熱海復活か?
ちょうど会社の忘年会の人たちもたくさんいた。熱海は、行きやすい場所だと思う。早く帰りたければ、新幹線があるし、ゆったり帰るならば、東海道線があるし、行き方がたくさんあって、すごく便利だと思う。
今回も、ホテルで、ついてから1回温泉にはいり、おきてから1回温泉にはいり、またまた、帰り際に1回と、合計3回も入ってしまった。ふー。
料理も良かったし、本当に楽しかった。画像
私が、若かりしころ、部門の忘年会旅行があって、旅行にいくととんでもなく飲み人たちで、この飲み方をする先輩と絶対に忘年会旅行に行きたくないと常に思っていた。当時は、ビールに日本酒が主で、日本酒もとっくりがお盆に大量にのって追加注文し、あげくに、おちょこで飲むのではなく、おわんのふたでつぎあって飲んでいた。食事時に大量にのみ、部屋の冷蔵庫のビールなどもすべて飲んでしまって、結局、追加で10万ぐらいかかった。
そんな無茶な飲み方をみると、これは、絶対に近寄っちゃいけないと思ったりした。月日が流れ、いまでは、良く出来た部下たちが、忘年会旅行を企画してくれる。いや~、本当にえらい。
こりゃ、新年会でお返しか。来年の話をすると鬼が笑うか。まあ、たまには、企画してあげるか。
ボケて覚えていたら、頑張ろうかな。しかし、本当に良い部下たちで・・・。な、な、涙が・・・。

※すばらしい部下たちです。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
サンマーク出版
岩田 松雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック