栄監督、解任

サッカーのワールドカップが始まり、優勝候補のドイツが負けたりして、結構混沌としてきた。
ロナウドひきいるポルトガルもロナウドがハットトリックをしたのに、引き分けた。
ネイマールのブラジルも初戦は、引き分けたし、メッシのアルゼンチンも引き分け。優勝候補だったのでは?と思ったチームが、思い通りの結果とならない。
おっと、この展開であれば、日本も下馬評をくつがえして、勝てるかもしれない?そんなうまい話はないのかもしれないけれど、どのチームもFIFAのランキングからすれば、上位だし、まあ、下位チームであれば、ジャイアントキリングじゃないけれど、失うものはなにもないって感じで、試合に挑めば勝てるかもしれない。
頑張れ、ニッポン!
さてさて、伊調馨さんにパワハラをはたらいたと認定された栄監督が、ついに、大学の監督を解任された。
最近、会見で謝罪したばかりで、まさかこのタイミングで解任と思ってもいなかった。
パワハラをやった方は、絶対に自分がやっているという認識がない。
認識があったら、確信犯だし、たいていの人は、自分がやっているという自覚は当然ないような気がする。
ただ、権力を持った人は、やはり、その権力をかさに主張すれば、当然、それはパワハラになる。権力って怖いよね。
自分のいる地位を守りたいって気持ちが働けば働くほど、パワハラにつながる。
その栄監督が、会見で、パワハラじゃない、コミュニケーション不足といったが、それは違う。これじゃ、日大のアメフトと同じだ。
コミュニケーション不足というのは、伝えた本人の認識違いってことなのかもしれないが、それはやはり違うと思うし、もし、仮にそうだったとしても、まずは、コミュニケーション不足というよりまえに、謝らなくちゃいけない。
私は、そんなつもりでいったわけじゃないのに、私の発言を聞いた人が誤解して受けったので、もっと、コミュニケーションがよければ、そんな誤解はなかったはずだ、というのは、都合のよい解釈だ。
自分の保身のために、相手がねー、という内容がコミュニケーション不足だからね。
やっぱり、上に立つ人は、そんな言い訳はしちゃいけない。そういえば、そんな栄監督を解任にした、学長も似たような気がするが、どうなんだろうね。
まあ、どちらしてにも、やっぱり相手の立場にたって、言動、行動しなくちゃいけない。そうじゃないと、ハラスメントはなくならない気がする。どうなんだろうね。

※ダメだって、ハラスメントは。

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書)
光文社
2012-07-18
笹山 尚人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック