ショーケン、亡くなる

今週は、暖かかったり、寒かったりと、日々気温の変化が激しく、身体が壊しそうだ。
そういえば、そろそろ、桜も満開だそうだが、何となく、そんな感じがしない。
咲いてはいるものの、何となく、パッと咲いているわけじゃなくて、まばらな感じだ。きれいだけど、華やかさがない。
もっと、きれいに咲くのが桜かな。
そんな話をしていたら、桜もそろそろ寿命だという噂があるらしく、それも60年ぐらいが桜の寿命で、その影響じゃないの?と言われた。根も葉もない話なのかもしれないが、ちょっとそれだと寂しい。
でも、どこの桜をみても、ちょっと寂しい。
そういえば、このまだ、満開じゃない桜の下で、先日花見をしている人がいた。確かに気温は高く、外で飲んでも気にならない感じもするけれど、もっと満開じゃないと盛り上がらない気もする。
今週末は、かなり気持ちが華やぐような桜がみれるとよいね。
さてさて、グループサウンズブームで、テンプターズにいたショーケンこと萩原健一さんが亡くなった。
まだまだ、68歳と非常に若い。
何だか、ちょっと悲しい気がする。
ショーケンといえば、「神様お願い!」「エメラルドの伝説」など大ヒットを飛ばした後、俳優に転向して、俳優でも大活躍をした。
特に、「太陽にほえろ」のマカロニ刑事で人気がでて、「太陽にほえろ」自体も、新人俳優を登場させて、マカロニ、ジーパンなどの愛称をつけ、さらに、最後は殉職させて、メンバーを入れ替えるという今ではかなり斬新なやり方をとったにも関わらず、大ヒットした番組だ。
殉職の仕方もちょっとこれまでにないシーンだっただけに、衝撃的なストーリーだったと思う。
ショーケンは、ここで人気をえて、その後は、水谷豊と共演した、「傷だらけの天使」や、「前略おふくろ様」で、これまた、人気を獲得した。
そのショーケンが、亡くなるとは、本当に残念だ。
ニュースでは、相当前から、闘病を続けてきたそうで、ここまで、まったく病気であることを知らなかった。
でも、本当に残念だ。何となく、最近、亡くなる人たちが、そう遠くない年齢のケースがあって、やっぱり、健康が重要だな~、と思い始めた。特に、今月は、病院三昧だし、もっと自分の健康に注意しなくちゃいけない。トホホホホ・・・。

※太陽にほえろは、伝説の番組だ。

太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX I
バップ
2002-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック