羽生さん、最多タイ

私の好きな榊原るみさんが、主演した”気になる嫁さん”でおばさん役だった杉葉子さんが亡くなった。
90歳ということであれば、大往生かな。
もう何年もテレビで見てなかったし、るみちゃんも悲しがっているような気がする。残念。
さて、ここのところ、負けが続く、ジャイアンツだけど、今日は、DeNA相手に勝ち切った。
やはり先発陣よりも、中継ぎ陣に若干の不安がある。
今日は、5回途中で、今村に見切りを桜井に切り替え、その桜井も失点を重ねてしまった。ただ、桜井は、これでも、っプロにはいって初勝利を飾った。
もともと、先発でとった投手なのに、中継ぎか。ジャイアンツは、去年のドラフト1位の高橋はローテーションにはいって、勝ち星をあげている。
ただ、その前は、清宮をとりにいき、抽選に外れ、ヤクルトにはいった村上も抽選で外れ、その後に指名した鍬原が、先発でいけるのかと思ったが、不調でなかなか1軍に定着できないし、先発ではなく、中継ぎとなっている。
ドラフト1位の投手が、中継ぎじゃ、もったいない。早く、先発で活躍できるように育成して欲しいね。
さてさて、将棋の羽生九段が、谷川さんに勝って、歴代最多タイの通算1433勝の大山十五世名人に並んだ。
あの偉大な大山さんの記録に並んだのだから、羽生さんも大山さん以上に偉大だ。
AIの登場で、コンピュータ将棋で研究する若手たち。
その若手たちが、実力をつけた結果、羽生さんがもっているタイトルが、若手に奪われてしまい、ついに無冠になってしまった。
いまであれば、豊島名人は、その代表格だ。5年前の第3回の電王戦で、コンピュータソフトにプロが負ける中で、豊島名人は、見事に勝ち切った。
この後も、佐藤元名人ですら、コンピュータソフトに勝つことができなかったが、豊島名人の戦いっぷりはすばらしく、すぐにタイトルを獲得するだろうと思っていたが、ついに実力発揮だ。
ただ、その豊島名人もすごいが、無冠となった羽生さんは、そのまま落ちていくわけじゃなくて、こうして大山さんに並ぶ勝ち星をあげたのだから、羽生さんはもっとすごい。
羽生さんだったら、コンピュータソフトに勝つこともできると思うし、必ずや、豊島名人を破って、名人復活もありうる気がする。がんばれ、羽生さん!無冠でも最強のプロ棋士だと思う。

※豊島名人も強いよね~。

関西若手棋士が創る現代将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
マイナビ出版
池田 将之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック