また、維新

あの戦争発言をした丸山議員。
この議員は、開き直っているのか、議員を辞める気がまったくない。選んでしまったのが、国民であり、選ばれた限りは、支援してくれる人のために頑張るってことかもしれない。
ただねー、議員として資質を問われるような行動、言動は、避けなくちゃいけない。
戦争発言以外にも、ルールを無視した発言や対応をしているから、もし、議員を続けて、頑張るってことであれば、いったん、議員を辞職する方が良い気がする。
そのうえで、次回の選挙にでて、国民から選ばれればよいし、ダメならば、やはり行動、言動に問題ありってことだから、姿勢を正していけばよいと思う。
しかし、維新の議員は問題が多すぎる。
橋下さんが、党首になり、勢いのあった維新に、多くの人がのってしまい、選挙にでるために候補者がやみくもすぎた。当時は、維新というブランドで当選できたので、そこに誰もがのりたがったんだと思う。
逆に維新は、議員の数を増やしたかったから、公認してしまった気もする。
結局、橋下さんに立てついたり、暴言を吐いたりして、多くの維新の議員が、離脱した。
衆院本会議を欠席しながら、2日後に男性秘書と旅行に出掛けた上西議員や、パワハラ発言の足立議員。
結局、橋下さんの人気にのり、議員としての資質がないままに維新から出馬して、当選しちゃったのが、問題なのかもしれない。
ただし、問題議員が多すぎる。きりがない。
昨日も、元アナウンサーの長谷川さんの後任を停止した。
差別発言が原因だが、もっと勉強して、迂闊にいわないようにしないと、本当にきりがない。
橋下人気にのった人たちが、当選し、それを自分の実力とおもって、勉強しないままに議員を続け、結果的に問題発言や、問題行動をおこしてしまう。
勢いがある維新の議員ということで、当選することがだめだとおもわないけれど、もっともっと勉強して、恥ずかしくないぐらいの対応をしてほしい。
そうじゃないと、維新は、つぶれてしまう。しかし、維新は、ダメだね~。仕方ないかな・・・。

※維新の名が通用する間にべ供しなくちゃ。

実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた (PHP新書)
PHP研究所
橋下徹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック