参議院選挙の驚くべき出来事

少し古くなってしまったが、一昨日、参議院選挙があり、自民、公明の与党が過半数を確保した。
自民党としては、単独で過半数を取りたかっただろうし、公明党、日本維新を入れて、与党だけで、改憲である2/3の議席確保を狙ったが、さすがにそこまではいかなかった。
まあ、それは、それで仕方ないと思う。
もう少し、野党が共闘して、与党を追い詰めないとダメだと思う。このままだと、与党に良いようにやられてしまう。
自民党を国民が評価しているわけじゃなくて、さすがに、自民党から民主党が与党となった時のあの時代に戻りたくないよね~、これだったら、まだ、自民党の方がましか、ってことなのかもしれない。
これもありがちなパターンで、いつも、2番手の人たちは、1番手の人たちの戦略を批判することは、得意でも、代替え案を出すのが苦手だし、自分たちが1番になってしまうと、戦略が非常にボケてしまう。
いつも、1番になるぞ、という意気込みで、戦略をきちんとつくれば、いざという時に問題なく遂行できるのに、当時の民主党は、自民党の施策をことごとく否定して、やめてしまうという作戦だったしね。
これで、せめて、景気でもよくなれば、国民の支持を得ることができたのに、ボロボロだったからね。
あれ以来、もりかけ問題があろうが、忖度の問題があろうが、それでも、自民党で、まあ、良いかって感じなのかもしれない。
しかし、真剣に与党を追い詰めないと、景気が再び悪くなるような気がするが、どうなんだろうね。
さてさて、今回の参議院選挙での一番の驚きは、”NHKから国民を守る党”が議席を確保したことだろうね。
当日、選挙結果をNHKで見ていたが、NHKのアナウンサーが、”NHKから国民を守る党が、1議席確保です”というたびに、どんな思いで、アナウンサーは伝えているのだろうか、とちょっと心配になってしまった。
それぐらい衝撃的なことだと思う。
まさか、この党が、議席を確保するなんて、誰もが思っていなかったのかもしれない。
これで、NHKの受信料とか、この党が、何か問題提起でもして、改革に弾みをつけたら、どうなるんだろう。
本当に、この党の主張に賛同した人がいて、議席確保ならばよいけれど、単にNHKを批判していることを面白可笑しく、賛同して、投票してしまったら・・・。うーん、微妙だ~。当選後が重要だから、まじめに頑張ってもらうか。
これだったら、「れいわ新選組」の山本太郎代表の方が、主張がはっきりして、国をよくしてくれそうな気もしなくもないが・・・。

※参議院選挙の投票率も気になるね。
参議院選挙の手引 令和元年
参議院選挙の手引 令和元年

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

最近のコメント

最近のトラックバック