平日の日本酒

昨日は、亡き親友の命日だ。自宅で一人、思い出にひたるかと思っていたが、いまいる会社の先輩といっぱいやってきた。
何だか、仕事中もやたらと静かだし、飲みに行くっていう雰囲気がない。
まあ、なかには、飲みのも嫌だっていう人もいるし、仕事を終えてでも、会社の人と付き合いたいと思わない人もいる。
どちらかといえば、そんな雰囲気の会社なのかもしれない。
そんな中で、割と気を使ってくれる先輩がいる。
私も定年になってから、この会社に勤務しているが、その先輩も割と似ていて、60歳過ぎてから、この会社に来たそうだ。
歳をきいたら、70歳だそうで、いまの70歳は、思った以上に若い。
そんないろいろと気を使ってくれる先輩と飲みにいくことにした。
確かに会社の周りは飲み屋が多い。
昼も食べにいくと、食事する場所は、腐るほどある。
ただ、唯一、入ることができないのが、とんかつ屋だ。かなり古臭いとんかつ屋で、簡単に入れると思って、数回いったが、いずれも入れない。
いつも満席だ。
そのとんかつ屋に入れないので、とんかつ定食が食べれない。あ~あ、悲しい~。
あとは、思った以上に、どのお店も安い。まあ、サラリーマンにとっては、良い街だと思う。
そんな中で、居酒屋にいって、ビールを飲み、先輩に敬意を払い、何を飲むか聞いたところ、日本酒というので、あわせて日本酒にした。
1杯120mlで、コップ酒を飲んでいて、結局、4杯飲んだ。4杯のむと3合だからね。
ちょっと平日にしては飲みすぎかな。
そんな先輩と飲んで、会社のことを聞いて、かなり有意義な飲み会だった。
最後は、ごちそうになってしまった。若いわけじゃないし、お金もそこそこもっているし、割り勘で十分だったのに、おごってくれるというので、思いっきり甘えてゴチになってしまった。
しかし、今度は、帰るのがめんどくさい。これまで、電車で一本で帰れたのに、ちょっと大変だ。
まあ、それでも、楽しい飲みだった。新しいところでも、飲み仲間がいると、会社にいっても少し楽しい。
仕事は、まだまだ、楽だけど、これから、しんどいこともあるだろうから、そんなときには、愚痴でも聞いてもらおうっと。

※老人っていくつからなんだろう?
超高齢社会のリアルー健康長寿の本質を探る
超高齢社会のリアルー健康長寿の本質を探る

最近のコメント