恐怖の雷

あ~あ、ジャイアンツが、今日も負けてしまった。うーん、厳しいね。
最終回に追い上げたけれど、1点差で、中日に負けてしまった。DeNAは、今日、降雨のため、試合が中止になったので、ゲーム差が0.5縮まってしまった。やばいね~。
まあ、最後の最後で、1点差まで追い上げたってところが、評価ポイントかな。
明日は、東海大相模の卒業生である菅野と、中日は小笠原の先発だ。
ここは、先輩として、負けるわけにはいかないでしょう。ただ、ジャイアンツは、左腕に弱いからね。
とにかく、菅野の先輩としての意地にかけるか。がんばれ、菅野!
さてさて、今日、仕事を終えて、会社を出たときは、小雨だったし、サッサと帰ろうと、いつものように1駅歩いて帰ってきた。
新御茶ノ水駅まで歩くのだが、ちょうど、スカイツリーも見れたりするし、神田明神もあるし、なかなか、歴史ある街で、新しいものも見れてしまうという良い感じの場所だと思う。
会社があるときは、朝早くか、夜しかいないので、今度は、土曜日あたりに遊びに行って、散歩でもしようかな。
そんなことを思いながら、電車にのって、地元の駅についたら、雨の調子が結構強い。
大丈夫かな?と思って歩いているうちに、雷がものすごい。
鳴りやむまでどこかで雨宿りしようと思ったが、家まで頑張って行こうと思って、早歩きで自宅に向かって歩いていたが、それにしても、雷が本当にすごい。
雷の光が、ほんとうにすごい。
普通の雷は、光ったら、音がするまで、カウントして、その時間で、すぐ近くなのか、距離があるのか、はかっていた。
それなのに、今日は、光ったら、ゴロゴロゴロとなる。
なった後に、また、光るって感じで、行き着く間もない。本当に怖かった。
背が高いから、一番に雷が落ちてしまう。傘をさしていたが、がっつりともつと、傘に雷が落ちて、手がしびれちゃうと思って、傘の柄の一番下の方をもって、急いで歩いて帰ってきた。あ~あ、怖かった~。
いまでも、地震、雷、火事、親父というのは、あっている気がする。明日は大丈夫かな・・・。

※自然とはいえ、本当に怖い。
自然災害時の労務管理の実務
自然災害時の労務管理の実務

最近のコメント