大型台風、家をゆらす

昨日から、大型台風が関東上陸ということで、冷や冷やしていた。 これが、思った以上にすごい雨、風で大変だった。 何といっても、家が揺れる。地震以外で、家が揺れるなんてことはない。それも、すごい風の音とともに、家が揺れるから、すごく怖い。 新幹線にのって、スピードがでると、すこしガタガタしたり、飛行機にのって乱気流を避けるためにけっこう揺れるのと同じぐらいで、すこしばかり、恐怖を感じしまった。 いつ、静まるかなと思ったのに、真夜中の3時前ぐらいから、5時ぐらいまで、これが続き、なかなか、眠れない。 まあ、昨日、やることなかったので、夕方から飲んで、酔っぱらったので、10時前には寝てしまったので、睡眠不足ってことはない。 結局、早く起きてしまったので、居間でテレビで台風の状況をチェックしていた。 揺れは、1階の方がないし、2階はちょっと怖い。 この辺が、1軒屋って怖いところだ。 ただ、密集地だからね。これが、ポツンとたった場所だったら、もっと恐ろしいのかもしれない。 こう考えると、よく避難場所に早めに逃げてという連絡があるが、これって、山の崖っぷちにたっていたり、河川近くだったら、家が崩れたり、川が氾濫して、家が水びたしになってしまうので、避難するというのは、よくわかる。 それも、指定の場所は、そのような場所の家々だ。 でも、考えてみると、あんなに家が揺れたりすると、恐怖を感じるから、避難場所にいくというのもありだと思う。 その方が、安心だしね。 避難しなさいと言われている場…

続きを読む