ヘロヘロ

昨日、台風の余波で、電車が動いていない。
通勤に使う東急目黒線の交通状況を東急のホームページで確認すると、再開のメドがたっていないと書いてある。
なるほど、じゃ、行くのやめるか。
ところが、Yahooの路線情報をみると、目黒線が動いていると、SNSでみんな書いている。こりゃいかん、会社にいかねば。
とりあえず、最寄り駅にむかい、その途中で、会社に電話して、”電車が動いてないから11時頃につきそうです”と伝えたら、”動いたら来てくれればよいです。無理しないでください”と言われた。
そうはいってもね、動いていそうだからね。最寄り駅までいくと、ホームは結構な人だったが、乗り換え駅までの直通の電車がきた。かなり混んでいるけれど、乗れそうなので、その電車にのった。
当然のことながら、降りる人よりも乗ってくる人の方がはるかに多くて、徐々に満員になった。
この乗車率100%以上の状況の中で、何だか工事道具だか何だかわからないが、キャスターをひいて、のってきたおじさんがいた。
1メートルもない高さなので、足元にそれがあると、乗ってくる人が倒れてしまう。
何でこんな混んでいる電車に、この荷物で乗ってくるかな~、と思っていたが、そのおじさんのせいで、降りることも乗ることも大変な状況になり、よりいっそう混み具合が加速した。
途中で、路線がわかれる駅があって、私は、そのまま直通だったので、のったままだったが、降りる人が大量にいて、ホームが足場もないぐらいに人混みで大変なことになっていた。
路線がわかれる方も直通があるのに、みんなそれを待たずに乗り込んだせいで、大事故になりそうな感じになってしまった。
それにしても、無理して乗らないと会社にいけないし、かといって、1本電車を乗りすごしても、次に空いた電車がくるわけじゃない。
まあ、気持ちはわかるけれど、本当に死ぬ思いをしてしまった。
その大混みの駅をすぎたら、割と順調に会社近くの駅までいけた。あ~あ、なんてこったろう。
しかし、本当に疲れてしまった。
会社についたら、2人しかいなかった。これだったら、休暇にしてくれよって気がした。私は、まだ研修期間中で有休がない。休むと日割り計算で減額されてしまう。まあ、減額されてもよかったかな~。結局、会社について、事前に連絡したから11時出社となっていると思ったら、何も書いてない。そもそも、その時点で来ていない人たちが、何時に出社するのか、さっぱりわからない。
この会社のしきたりにまだ、なれない。はやく慣れなくちゃ、カルチャーショックが大きすぎる。

※逆に電事故をおきる感じがしたが。
日本鉄道史 昭和戦後・平成篇 国鉄の誕生からJR7社体制へ (中公新書)
日本鉄道史 昭和戦後・平成篇 国鉄の誕生からJR7社体制へ (中公新書)

最近のコメント