床屋の特典

一昨日の金曜日に、元の会社の部下と会社近くのお店で飲んだ。
会社近くで飲むのは、私より10歳ぐらい年上の先輩社員につきあって飲みに行くぐらいで、飲んだことがない。
ただ、ランチを食べて、そのレシートを持参すると、焼き魚の5種串セットがサービスでついた。これは、かなりお得な感じだ。
料理を追加で頼もうと、”じゃ、焼き鳥の盛り合わせ”といったら、このお店は、焼き鳥のお店じゃないから、ないといわれた。
このメニューに書いてあるじゃないといって、よく見たら、焼き鳥じゃなくて、焼き魚だった。あ~あ、なるほど。焼き魚ね。まあ、それでも、なかなか、どれを頼んでもうまい。
そのサービスの焼き魚の串焼きがきたときに、小さなお茶碗にご飯が。あっ、ごはん食べないから、いらないといったら、なんとそれは、大根おろしだった。大根おろしをこんなにだすの?とこれまた、ビックリ。
行きつけにしちゃおうと思って、ボトルをいれたが、ほとんど飲んでしまった。一応、3か月キープできるそうで、また、いつか、くるか。
ただ、ここで飲むと家に帰るのが遠い。深酒すると、絶対にどこかに行ってしまう気がする。
それだけは、十分気をつけなくちゃ。
さてさて、そろそろ、髪がボサボサでしまりがない。
朝起きると、髪の毛がたっているし、これじゃ、暑いし、ブラシをかけても、戻らない。
そろそろ、床屋に行かなくちゃと思ったが、いつも行くところは、休みは混んでいる。
これまでは、会社を休んで床屋に行っていたが、いまの会社では、有給がまだつかないので、休めない。あ~あ、なんてこったろう。
それに、確か、その床屋の特典で、60歳を超えた人は、平日いくと安いというのがあった。
せっかく、60歳になって、これまで平日に床屋に行っていたから、その特典にありつけると思ったら、結局、すぐに働いてしまって、あげくに、有給がとれないので、その特典をもらうことができない。
そのうち、60歳以上の人がふえて、特典が65歳にあがったりして。
何だか、特典にありつけることができないままに、歳をとってしまうのだろうか。
ちょっと悲しい~。
そんなことを考えている前に本当に床屋にいかなくちゃ。

※最近、ルパンの娘、ルパンの帰還、dele3を読んでいたが、ドラマの配役が読んでいるときに浮かぶ。原作に非常にあった配役だと思う。
dele3 (角川文庫)
dele3 (角川文庫)

最近のコメント