プレミア12

ダンダン、寒くなってきた。まあ、冬だからね。そろそろ、オーバーの季節かな?
そういえば、今日、会社に行く電車の中で、もめている人がいた。
何が理由でもめていたのか、よくわからないが、殺すぞとか、お前の顔は絶対に忘れないからなとか、そんな物騒なことを永遠と怒鳴っていっている。
繰り返し言っていたということは、言われている人が無視していたんだろうね。
よくケンカにならなかったと思うが、こんなことを言ったら、もし何か大事故になったら、絶対に反論のできない暴言だと思う。
それにしても、朝から怒鳴っていて、そのうち静まったから、降りたのかな?と思ったら、また、どなり始めた。
言っていることは、全然変化がない。そのうち、子供たちが乗ってくる時間になり、ここで、こんなおじさんを見たら、子供が泣くんじゃないかと思ったら、逆に降りていってしまい、静かになった。
まあ、頭にくることっていろいろとあると思うが、グッと飲み込むことも重要な気がする。年寄りは短気だからね。
私も、何だこいつってことがたまにあるけれど、さすがに歳をとっても、それほど短気じゃない。もっと違うところで発散した方が良い気がする。
さてさて、いろいろなスポーツの国際大会が行われている。
ラグビーもバレーボールも卓球も終わり、今度は、プレミア12の野球だ。
強敵は、韓国かな。
ただ、他のチームも、各国のプロ選手が参加して、いずれも強敵だ。
そんな中で、日本チームが、毎試合、苦戦している。終盤までリードを許したりして、ドキドキの試合が多い。
今日も、オーストラリアを相手に、先制を許し、終盤までリードされ、どうなるのかと思ったら、足のスペシャリストの周東の好走塁で同点においつき、押し出しで勝ち越し、最後は、DeNAの山崎が、完璧に抑えて、見事に勝利だ。
いや~、ヒヤヒヤもんだ。国際大会は難しいね。これまで、対戦したことがない投手や、打者ばかりだから、適応能力が高くないと、かなり苦戦する。1点をとるのだって大変なので、先制を許しと、かなり厳しい展開になる。
そんな中でも逆転勝ちしたのだから、すごいことだと思う。がんばれ、侍ジャパン!

※優勝いけるかな?
2019WBSCプレミア12 公式プログラム (週刊ベースボール別冊北風号)
2019WBSCプレミア12 公式プログラム (週刊ベースボール別冊北風号)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

最近のコメント

最近のトラックバック