オリンピックは大丈夫なのか?

バトミントンの桃田健斗が交通事故で怪我をした。
今期も好調で、この調子だったら、東京オリンピックで金メダルの最有力候補なのに、大丈夫だろうか。運転手さんが、亡くなるという大事故で、桃田も顔面を怪我して、かなりの打撲のようだ。
前回のオリンピックの時もメダル候補だったのに、違法カジノに出入りして、オリンピックの出場もなくなり、無期限の出場停止となってしまった。やっとそこから、復活し、今度こそ、金メダルということだったと思うが、それが、今度は自動車事故だからね。
ついてない。唯一の救いは、本人が起こした事故じゃないということと、本番までまだ半年以上あるってことかな。
ただ、打撲がひどいと、本調子に戻るまで時間がかかりそうだ。何だか、ついてないね。前回は、自分で起こした問題なので、同情の余地はないのだが、前回のうっ憤を晴らすためにも、早く怪我から復活して、メダルを狙って欲しい。この怪我の期間は、身体を動かすことができないので、ここまで作ってきた身体がどうなっちゃうか。うーん、でも、頑張れ!
さて、タイで開催中のU-23アジア選手権で、日本が予選リーグで2連敗を喫し、早々に敗退が決まってしまった。
こんなに弱いチームは、珍しい。
個々の力は、相当あるのに、何で、こんな結果になってしまったんだろうか?
確かに、海外にいっている堂安や、久保がいないということが、戦力ダウンにつながっているのかもしれないが、それでも、さすがに、予選リーグで敗退するようなチームじゃないはず。
一昨日、テレビで試合を見ていたが、ボールがつながらない。だから、攻撃が単調で、これじゃ、なかなか、ゴールにならない。同点のまま、引き分けかな?と思ったら、最後の最後で、追加点をとられてしまった。それも、1本のボールを通されて、守り切れなかった。
うーん、こりゃダメだ。
やっぱり、森保監督が、すべての代表の監督をやっていることに無理があるような気がする。確かにすべての世代のチームの監督をやれば、チームの方針が全世代でぶれることがなくてよいのかもしれないが、ただ、監督がそこまで、チーム全員の力を把握できるか。相当数の選手がいるからね。まったくよいシーンをつくることができず、善戦でもなく、完敗のまま、簡単に予選リーグを敗退するなんて、きいたことがない。
ここは、やっぱり、世代別に監督をしっかりとおいて、戦術を練って、戦わないとダメだと思う。この年代のチームが、こんなに簡単に負けるとオリンピックでメダルを狙うのはかなり厳しい。大丈夫かな。
サッカーは、団体だから、チームをつくりあげるのに、時間がかかる。それだけに、いま、手を打たないと、オリンピックでメダルを狙うことは厳しい気がする。早めの対策が必要だと思うが、どうなんだろうね。

※オリンピックまで、1年切ったから、早めの対策が必要だ。
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

最近のコメント

最近のトラックバック