青学、2年ぶりV

正月といえば、スポーツだ。 やるのは、到底不可能で、そこまで元気じゃない。ただ、先月、大学の仲間とあったら、スキーに行くとか、まだまだ、元気な人たちが多い。私ができることといえば、毎日1万歩をダラダラと歩くことぐらいか。 会社に行くときに一駅前に降りて歩くが、いろいろとまわりすぎてしまって、面白みがない。苦行じゃないので、ダラダラ、ヨタヨタと歩くもありだと思う。いまは、寒いから、ちょっと歩くのはねー、って気もするが、これから、良い季節を迎えるので、暖かくなり、桜が咲き始めたら、また、散歩も楽しくなるかもしれない。 さて、正月のスポーツと言えば、まずは、元旦が天皇杯のサッカーか。 今年は、大金で戦力補強した神戸がやっと優勝を果たした。有名な選手を補強して、チームのレベルを一気にあげて、それにチーム全体の力がついてくれば、鹿島や浦和などと同様に、毎年、優勝を狙えるチームになると思う。 初優勝したことは、多分、選手たちには大いに自信になったと思う。今年の神戸は面白いかもしれない。 2日は、大学ラグビーの準決勝があり、明治と早稲田が勝利した。天理と東海は、留学生が補強として入っているので、体格的には上回っているのかもしれないが、やっぱり、今年の明治と早稲田は強かった。これで、決勝は、この2校だからね。かなり面白い決勝になると思う。 ワールドカップでラグビーの人気が高まる前から、大学ラグビーは人気あるからね。大学で活躍した選手が、トップリーグで実力を発揮すれば、リーグ自体が大いにもりあがる。も…

続きを読む