どうなる、アメリカとイラン

今日も遅くまで働いてしまった。
うーん、今週はやたらと遅い。そういえば、1年前もトラブル対応中だったから、今以上に遅かったっけな~。
しかし、疲れる。
あれもこれもやっていると、何だか、自分でもひまを見つけるのが難しくなってきた。は~あ、こんな時は、神頼みだ。
今年は、七福神巡りではじまり、会社が始まったら、神田明神にいき、今週は、湯島天神にこれまた神頼みだ。
多くの神に頼むと、すねてしまって、逆に良いことがおきなくなるのかもしれない。
今日も、暖かかったこともあり、湯島天神にいってきた。まだまだ、正月気分なのか、お昼なのに、屋台がでていた。さすがに、甘酒とか飲んでいたら、まずいので飲まなかったが、よく屋台をみると、だるまがやたらと売っている。
そりゃそうか。湯島天神だもんね。
学生たちが受験の祈願できたついでに、だるまを買うんだと思う。ついつい、意味もなく、だるまを買ってしまうところだった。
買っても祈願するもんがないしね。
いざというときは、何といっても神頼みだろうね。まだ、今年が始まって10日もたってないのに、頼んでどうするんだ、って感じかもしれないが。
さてさて、アメリカとイランがもめている。
始めは、アメリカが、イランのソレイマニ司令官をドローンを使った攻撃で殺害したというニュースが流れた。ドローン?本当か?と思っていたが、理由はなんであれ、アメリカが攻撃した。
当然、イランだって黙っていない。あまりにも理不尽なことなので、アメリカに報復すると宣言し、その通りに今度は、イランがアメリカ軍基地にロケット弾をうった。
イランは、成果あり、という報道を国内に流し、ソレイマニ司令官の仇を打ったぞ、ってことだと思う。ただ、事前に情報が流れたのか、すでに、アメリカ軍は避難していたので、人的な被害はなかったそうだ。
これで、本当にアメリカ人が、何百人もなくなったら、アメリカは、本気でイランを攻撃するだろうし、武力だったら、兵力が絶対的に違うから、アメリカが勝つだろうし、もし、そうなったら、また、戦争になってしまう。中国、ロシアも、アメリカのソレイマニ司令官殺害は、あまりにも理不尽だということで、イラン側につきそうな感じだから、本当にやりあったら、第三次世界大戦になってしまう。
戦争なんて、誰も幸せにならない。これ以上に武力衝突は、さけたいね。

※アメリカとイランは深刻な関係だ。
イランvsトランプ (ワニブックスPLUS新書)
イランvsトランプ (ワニブックスPLUS新書)

最近のコメント

最近のトラックバック