悲しい日

春節とともに、日本にも新型コロナウイルスがひろがってきた。 大阪のバスツアーの運転手が感染し、女性のガイドさんも感染してしまった。これは、空気感染じゃないの?って気がする。 大丈夫かな。この調子だと、相当数の患者が、日本に来日してしまい、結果的に日本国中、感染が広がってしまう。 もう止めるのは、難しいね。 もうちょっと早く感染源が広がるのを防いでいたら、ここまでひどくならなかったと思う。特に武漢は、中国の交通網の中心にあるらしく、そこから、中国全土に人が行きかうそうで、広がるのは当然だと思う。やっと中国が、武漢からの移動を禁止したが、もはや手遅れかもしれない。 早く拡散を止めないと、ますます広がってしまうが、春節が終わってもどうなるものでもない。もはや手遅れか。 これから、オリンピックが半年後にくるのに、それまでに収束していないと、怖いね。 さてさて、私の親が病気で亡くなった。 先週の金曜日に病院に検査にいって、そのまま入院となり、土曜日に見舞いに行ったときは、酸素マスクをしていたが、食事もしたり、また、会話もすることができた。 ちょっと息苦しいということだったが、食事もできるし、話もできるのであれば、少し静養すれば治るものだと思っていた。 ところが、月曜日に病院から連絡が来たら、もはや会話をすることもできないし、話しかけても反応がない。 医師の話では、病気が急激に悪化して、今日にもなくなるかもしれないと言われたので、病室で一人残って、親を見守っていた。 会話もできない親を…

続きを読む