ありゃひどい!棚橋予算委員長

平日に部屋の片づけをしている最中に、少し休憩してテレビを見ていた。
平日の午前中にテレビを見ることはないので、たまたまやっていたNHKの予算委員会の中継を見ていた。
予算委員会での議論もIRや桜問題など相変わらず、あまり変わり映えしない。
夫婦別性の話題も出ていたが、そもそも、安倍さんは夫婦別性など認めるわけもなく、のらりくらりとかわしていた。こんな調子で、まともな議論なんて、できないよね、と思っていた。
ところが、テレビをみていると、予算委員会の議事進行をする棚橋委員長が、とんでもない進行をする。
質疑応答には、時間が決められていて、限られた時間の中で野党の議員が多くの質問をしようとしているのに、それを邪魔するような進行をする。
それも、総理に質問をしているのに、大臣を指名して回答させる。質問した議員から、こいつから答えを聞きたいわけじゃないと言っているのに、それを無視して大臣を指名。
さらに、この大臣がダラダラと回答していると、”簡潔に”という。簡潔に回答しろという以前に何で、勝手に大臣を指名して答弁させていることに問題がある。
あえて、質問をこれ以上させないぞ、と時間を余計なことに使い切ろう、総理を守ろうという意識がありありだ。
もともと、いくら自民党の議員であっても公平の運営が求められる立場なのに、ちょっと見苦しい。
さらに、何度も何度も野党議員の名前を間違えて、言いなおし、この人、もしかしたら、頭が悪いのか、と思うような対応だ。
あれを見ていたら、誰が、こいつを予算委員会の委員長に指名したのは!という気持ちになったし、それ以前に、何でこんな人が議員に選んだんだろうと思ってしまう。それぐらい、ひどい。
もっと、野党に勢いがあり、複数の政党がまとまって、自民党に意見するだけでなく、対案をもって主張したら、あのテレビ中継をみているだけでも、野党頑張れってことになるのにね。
このチャンスを、毎度同じテーマで、毎度同じ突っ込み方で戦っても、自民党に肩入れている人の議事進行だから、有利に運ぶのは難しい。
しかし、本当に見ていても腹立たしいと思ったのは、私だけじゃないと思う。ありゃ、ダメだね。
自民党も任命したのであれば、やっぱり、ここは、冷静に判断して更迭した方がよいと思うけど、どうなんだろうね。

※ありゃ、ダメだ。
ふたりの怪物 二階俊博と菅義偉 - 大下 英治
ふたりの怪物 二階俊博と菅義偉 - 大下 英治

最近のコメント

最近のトラックバック