怖い薬物中毒

新型コロナウイルスで国内初の死亡が確認された。
ついに日本でも、という感じだ。本当に困ったね~。悪いことに春節がからみ、日本を含め海外に多くの中国人が旅行にいき、感染を広めてしまった。
こりゃ、もう日本国内への感染を止めることができず、ますます広がってしまう気がする。
ここまでくると防ぐことが厳しいし、どうすればよいのかね。
感染力が強いし、あっという間に広がってしまうし、ここまでくると、早いところ治療薬がでてこないと厳しいね。ここが、AIなどの活躍の場って気もするが、難しいんだろうね。
ここまでくると、経済にも多大な影響がでてくるし、オリンピックもインパクト大きそうだ。
さてさて、またまた、歌手の槇原敬之が覚せい剤で逮捕された。
1999年に逮捕されて、それ以来、二度目の逮捕だ。
21年もたったのに、薬をやめることができなかったんだろうね。本当に、薬物中毒は怖い。
清水健太郎も田代まさしも何度も薬で逮捕されちゃうしね。
逮捕されて禁固刑になったら辞めそうな気もするし、出所して薬物治療をやっても、結局、またやってしまう。
これも本当に怖いね。
注射も嫌いだし、タバコも吸ったことないし、それだけでも薬物に手を染めることはないが、やっぱりなんか、悪いという考え方よりも快楽の方が勝っちゃうから、頭が麻痺しちゃうんだろう。
せっかく、良い芸をしても、良い歌を作っても、これって、薬の力を借りたのかも?という疑いを持たれちゃうのは、残念でならない。
出来上がった作品は、悪いわけじゃないけれど、また、結局、店頭から撤去され、ネット配信も中止になる。
俳優であれば、出演した映画やドラマが中止になったり、配役を交代したり、これも大変だと思う。
毎回毎回思うけれど、もうこれ以上、薬物が広がるのを止めて欲しい。
無理なのかね~。でも、本当に怖いね、薬物は。絶対にやっちゃいけないと思う。

※薬物中毒は怖い。
薬物依存症 (ちくま新書) - 俊彦, 松本
薬物依存症 (ちくま新書) - 俊彦, 松本

最近のコメント

最近のトラックバック