原監督、長嶋さんに並ぶ

昨日の午後からフロアーの引っ越しが始まり、今日は休出して対応だ。
しかし、頭脳労働者なので、この手の作業が苦手だ。新しいフロアーでは、土足厳禁ってことで、靴箱をつくったが、作り終えると、やたらとネジなどがあまっている。それも尋常ない数だ。
でも、何となく、それらしい靴箱ができたから、これでいいんじゃないと思ったら、実際には安定感もないし、まったくダメ。
結局、1時間ぐらいかけてつくったのに、他の人が組み立てなおした。は~あ、苦手だ。
絶対にニトリの家具の方が楽だし、そもそも、組み立てたものを買ってくれって感じだ。
そもそも、設計図が・・・、と言ってみたものの、みんなからダメだしされてしまった。マジで、わかりにくいんですとアピールしたけれど、同じ靴箱を同じ設計図で、2人の女の子が組み立てていた。うーん、やっぱり、私がダメかもしれない。
まあ、仕方ない。こんな苦手なことはない。仕方ないので、掃除機でフロアーを掃除だ。これぐらいは、まあまあ、できる。
自宅でも掃除機なんてかけないし、マメな性格じゃないんだよね。トホホホホ・・・。
結局、午後過ぎに引っ越しの作業は完了して、家に帰ってきた。
今日は、ジャイアンツ戦が、テレビ中継しているということなので、家につき次第、テレビを見たら、ジャイアンツが勝っている。
いや~、良かった~。
丸の2本のホームランを含め、7点中6点が丸が稼ぎ、残りは、坂本が2試合連続のホームラン。
田口が早々に交代したけれど、鍬原が途中をおさえて、見事に勝ち投手になった。鍬原もドラフト1位で先発を期待された投手だからね。中継ぎでも、好投を続ければ、桜井のようにローテーションにはいるかもしれない。
ただ、最後は、澤村がでて、少しヒアヒアしちゃった。
なんで、あんなにスピードボールを投げれるのに、力み過ぎて、ストライクが入らなくなっちゃんだろう。
少しの力でも150kmはでるのにね。澤村がでると、負けちゃうって気持ちになる。昔のクルーンと同じ。こいつがでたら、バッターボックスにたっているだけで、勝手に自滅したからね。第二のクルーンと呼ばれないように、頑張れ、澤村!
さてさて、今日の勝利で、原さんは、長嶋さんの監督での勝利数に並んだ。すごいね~。1位は、V9の川上さんだから、この調子でいけば、今年中に、川上さんと抜いて、通算勝利数1位になりそうだ。
印象ということでいえば、V9の川上さんや、就任早々でジャイアンツ史上初の最下位となり、翌年セ・リーグ優勝を遂げた長嶋さんの方が印象は強い。ただ、原さんも13年監督をやって、セ・リーグ優勝は8回、日本一は3回だからね。すごいことだと思う。
長嶋さんの記録に並ぶ、超える時に、この人だったら納得というのがあるが、原さんは納得かな。
ジャイアンツの調子が良いね。このまま、一気に行って欲しい。がんばれ、ジャイアンツ!

※もうV9なんて記録を作れる人はいないだろうね。
全1192試合 V9巨人のデータ分析 (光文社新書) - 小野 俊哉
全1192試合 V9巨人のデータ分析 (光文社新書) - 小野 俊哉